FC2ブログ
FPSとLMGと日常 ~週末ゲーマー奮闘記~ ホーム »2015年01月
2015年01月の記事一覧

BF4 M240Bとバレル 愛しのトリガーハッピーカスタム ~やはり鉄板コンペンセイター~  

皆さんこんばんは!

最近出費がかさんでいます、弾幕スキーです…。



今回は、一応前回の記事で書くって言っていたM240Bの弾幕仕様カスタムの考察になります。

まぁ所詮はカスタムの話なので、大した内容ではないです(笑)

にもかかわらず、とても長いです…。







我が愛銃、M240Bですが、大型アップデート以降、ずっとヘビーバレルを付けて戦ってきました。

以前記事にしましたが、ビジュアルリコイルの削除及びヘビーバレルの仕様が変わってから、ヘビーバレルとLMGの相性が抜群になりコレ一択だと考えていたからです!

横ブレもそこまで気にならなくなったと思っていました。

立ち撃ち精度上昇・移動撃ちペナルティ若干緩和はLMGにとってはかなりうれしい効果ですしね!








しかしながらある時、他の武器を使っている時に気付いたことがあるのです。







その時使っていたのはアサルトライフルのFAMAS

右への反動がM240Bよりも大きい武器です。

その武器を暫く使っていると、近中距離でさえもかなりキツイ戦いが頻発することに気が付きました!






例えば25m程の近距離遭遇戦が起こった時の話です。

互いにエイムスピードは同じくらいだったようで、ほぼ同時に撃ち合いが始まりました。当然指切りで戦うような距離ではありませんね!


使用武器は、私はFAMAS、相手はM416、武器性能的には私が圧倒的有利!弾が当たりさえすれば私の勝利は確定している状況ですね!




オラオラーー!フルオートでぶっぱじゃぁぁぁぁぁ!!!!









……しかし私は負けてしまったのです…。






なんでや!!FAMASは近距離最強のはずやろ!?!?!?







その時私のやられる状況が、なぜかスローモーションのように私には見えていたため、その撃ち合いで負けた理由を理解することが出来たのです(笑)






まぁ特筆するような内容でもありませんね!

単純に私の撃った弾がFAMAS特有の右への大反動によって、エイムが完全に敵を通り越してしまい数発の弾が敵の横を通り過ぎてしまったのです!

その数発分のロス中に相手は全弾私に命中させたため、私が負けてしまったという訳ですね。

ちなみにヘッドショットは絡んでいませんでした。








そう、この制御不可能な横反動!

これをなんとかしないと、FAMASのような超高レート武器を使っていても負けてしまうのです!

何度も繰り返し発言していますが、FPSで重要なのはキルするまで弾を当て続けることですからね!



大型アップデートによってビジュアルリコイルが無くなり、大多数のプレイヤーの命中率が上がったということも結構重要で、今までのような高レート武器によるゴリ押しエイムが通用しなくなったということもあります!







この経験によって、やはり横反動を抑えるコンペンセイターって必要じゃないか?って考えるようになったのです。

遠距離はともかく、近中距離までは拡散率より反動制御が重要だということに気付かされたわけであります!



近中距離までならフルオートないしはフルオート気味に撃てるならばそっちの方が明らかに強いですし、その時支障になるのは上反動ではなく、横反動なのです。



まぁ横ブレが0.4以下であれば反動軽減する必要ない、と感じます。これくらいならフルオートで撃ってもそれほど支障はないと私の腕では感じました。






問題は0.5以上の大反動!


ビジュアルリコイルの撤廃でだいぶマシになり、指切り撃ちを使えばある程度当てることが可能なレベルにまで落ち着きましたが、やはり近中距離~中距離では生死にかかわる程のブレが発生してきます!




特にフルオート時の横大反動はすさまじいです(笑)




先程のFAMASの例もそうですが、0.5を超える反動というのはフルオートで撃つと、照準が一度横方向へガーン!とブレた後、しばらく真ん中へ戻ってこなくなります。

0.4くらいまでの横反動ならば、それでもまだ敵をギリギリ捉えているのですが、0.5を超えると照準のレッドドットがちょうど敵を越えてしまうんですね!

その状態でフルオートで撃ちつづけるとどうなりますか??答えは明白ですね!







例えばFAMASなら右への大反動で照準が敵を通り越してしまい、そのブレた辺りを中心に弾が集弾してしまうことになります。

敵の右半分の辺りをずっと撃っているような形になっていしまい、当然結構な数の弾々は敵の横をすり抜けて行くため、半分以下しか弾が当たらなくなってしまうんですね。




ちゃんと狙っているつもりでも、あれ?弾がすり抜けてない?っていうのはたいていこれが原因です。

それかラグです。



まぁFAMASなら左下にエイムを引っ張ればまだコントロールはなんとかできることもあるんですけどね(汗)










当然ですが、私の愛銃M240Bでも同じことが言えます。

なんせ横反動が0.5ありますから!
しかも左右に均等に0.5です!コントローラーで制御などできる訳がありません(笑)





前回の記事に書きましたが、M240Bは近距離でも800レート相当のポテンシャルを持っています。

しかしながら近距離はほとんどのプレイヤー、ほとんどの銃がフルオートで当ててくることが非常に多いです。

M240Bは近距離での戦いでも0.5の大反動が仇となり、フルオートなど不安定過ぎて使えず指切りをせざるを得なくなってしまいます。

実際の所、M240B使っているプレイヤーはフルオートをほぼ封印して指切り撃ちだけで戦うという人がかなり多いと思います。


当然その撃ち方では近距離800レート相当のポテンシャルは発揮されませんし、だからと言って運頼みでフルオートで撃っても勝率は芳しくないでしょう。

指切りで撃つときに比べて、フルオート時はブレの発生率がとても高いですから、当たるか当たらないかは完全な運!

というより当たらないことの方が多いという負け前提の運ということになってしまいます。







結局の所、近距離であっても横ブレを制限しないことにはフルオートを当てることは難しいのです!






この横ブレを大きく抑えてくれるアタッチメント

コンペンセイターを付けるというのが、横大反動武器でフルオートを使おうと思うと鉄板になってきます!




ビジュアルリコイルが無くなったことから、指切り撃ちを駆使することによって0.5を超える横反動もそこまで気にならなくなったのは事実です。

しかし、それはやはり指切り撃ちでの話。




フルオートで撃ってみると、30m辺りからすこぶる当たりが悪くなるのがものすごくわかります!




射撃演習場の的が倒れなくなったため、非常に分かりやすくなりましたので、一度20mの的へのフルオートと30mへのフルオートを撃ち比べて頂ければと思います。






横ブレがデカい武器で30mでもフルオートを使うって無理じゃね?って思われる方もおられるかと思うのですが、フルオートを駆使する猛者たちは40m近くまでフルオートでガッツリ当ててきます。

猛者でなくても、フルオートで戦うことが得意なプレイヤーも当ててきますね!

そういう方々に近距離でも指切り撃ちを使っていては、撃ち合いになった時非常に苦しい戦いになります。






横反動が大きい武器を使ってフルオートでバリバリ撃ちつつ、しっかり当てて行くためにはコンペンセイターを付けて横ブレを制御することがとても重要なんですね!





コンペンセイターを付けると、M240Bでさえ、30m付近まではフルオートで撃っても多少の反動制御でしっかり弾を当て続けることが出来ます!

さすがに40m近くなるとキツイというか、運が絡んでくる可能性があるのですが、そういう距離では4,5点バーストでバリバリすることでまだまだ弾幕運用が可能になります!






「コンペンセイター関係のアタッチメントについて」


数値的な理想を言えば、ヘビーバレル+スタビーが一番です。

しかし、これは私もずっと使ってきましたが、横ブレが激しすぎて30m以遠ではフルオートで当てることができません!

どの距離でも指切りしかを使わない方や、20mくらいまでしかフルオートで撃たない方ならヘビバレスタビーはかなり強い万能カスタムでしょう。






しかし私の様に、中遠距離以遠でM240Bの本来の強さを発揮しつつ、近距離でもバリバリしたいという欲張りプレイヤーならば、



コンペンセイター+スタビー一択



と言っても過言ではないほどこのカスタムは万能であり、そして強いです!!



以下はM240Bの距離別の解説です。




「0~20m」

至近距離、近近距離です。

この距離ではあまりブレは関係ありません。先制した方が有利で、同時に撃ち始めたならレートが高い方が勝つでしょう。

この距離ならコンペンセイターを付けてもつけなくても、ブレで当たらないということはほとんどないと思いますので、あえて言うなら腰撃ち精度が高い方が有利かなくらいです。

コンペンセイターを付けると若干腰撃ち精度が上がるみたいですが、どこまで信頼できるものなのかはわかりません(笑)

いくらフルオートカスタムとはいっても、この距離はPDWなどが猛威を奮う距離ですので、横や後ろを取ったのならともかく正面からの撃ち合いはLMGでは分が悪いです。






「30m~40m」

近距離ですね。

フルオートバリバリカスタムが生かされるのがこの距離で、そもそもこのくらいの距離での勝率を上げるためにフルオートカスタムを考察しています。


フルオートで戦いたい距離ですが、横ブレを軽減していない場合、30mくらいの距離になるとめちゃくちゃ当たりが悪いです。

0.5反動でブレまくって、まともに的をとらえ続けるのは不可能に近いと思います。

指切り撃ちなら反動制御は容易ですが、何度も言っているように指切りでは近距離800レート相当のM240Bの火力を生かしきれず、負ける確率が高くなります。






コンペンセイターを付けると、横ブレが0.375まで下がるという劇的な改善がなされるので、ガッツリフルオートでも当たるようになります。

フルオートで撃って当てることができるので、レート800相当のポテンシャルを十分に生かすことができます!





ただ動く的にはちょっと注意が必要ですね。

M240Bは上反動も小さくないので、敵がダッシュしている際などはなかなか当てるのが大変で、動き回られると反動でエイムが定まらなくなり、キル速度が落ちてしまうことが多々ありました。

横反動も左右均等に0.375あることに変わりはないので、フルオートで撃つと結構サイトが揺れます!




もしこの交戦距離で、走っている敵の後ろや横をとったのなら、フルオートを使うより指切りや長めのバースト射撃でしっかり当てて行ってサクッと倒す方がいいような気もします。


まぁ私がLMGを使い過ぎてBF4ではほとんど指切り撃ちしか使ってこなかったため、フルオートで撃つ反動になれていないだけの可能性もありますので、その辺はプレイヤーの腕に次第かもしれません(笑)






とにかく、コンペンセイターを付ける事でM240Bでもこの距離でフルオートを使って戦うことができるようになり、正面からの撃ち合いや、複数戦でもかなり撃ち勝つ確率が上がります!



個人的には勝率よりもバリバリ撃って敵を倒せるのが楽しい!ってのが大きいんですけどね(笑)




「40m~50m」

近中距離から中距離といったところでしょうか?

アサルトライフルがまだまだ猛威を奮う距離ですね。

この距離に特化した武器が相手だと、M240Bはかなり分が悪い気がしますね。


拡散値の増加で弾がバラけることが気になりだす距離でもあります。


武器によってはこのくらいの距離までフルオートもしくはフルオート気味に撃って当てることができますから、バースト撃ちや細かい指切り撃ちを使わざるを得ないM240Bではキル速度的に厳しいものがあります。



これはアタッチメントの話とは少し違いますが、この距離ではこっちが頭出しポジションなど有利ポジションを取っていれば勝てる確率がグンと上がるので、この距離での戦闘が多く起こる場所ではなるべく遮蔽物を挟んで敵と対峙するように動くのが大事になってくると思います。






しかし、コンペンセイターを付けたM240Bならば、4,5点バーストで撃つことで結構勝てることも多いので、やっぱり強い!!

コンペンセイター以外のバレルを付けたM240Bは、この距離では横ブレが仇になってフルオートどころか細かいバースト撃ちもちょっと反動がキツくて使いにくいです。




よってこの距離でもコンペンセイターM240Bは他のバレルをつけた時よりアドバンテージがあると思います!!





「60m~90m」

中距離から中遠距離です。

この距離になるとさすがにフルオートは使えません!拡散値もかなり気になりだす距離です。



しかしながら、ここからがM240Bを含めた高威力LMGが本領発揮する距離です!!




さすがにこの距離では、ヘビーバレル+スタビーがちょっと有利な気もします。

しかし、前にも記事にしましたが、ヘビーバレルは体感で言うと一発分多く当たることが増えるという程度なので、個人的にはコンペンセイター+スタビーとそれほど差があるようには感じませんでした!




しっかりと2点バーストを使い、距離が遠くなって行くのに合わせ、そのバーストの感覚を長くして低速2点バーストを使いこなせば正直ヘビバレスタビーとコンペンスタビーでそれほどキル速度に差は出ません。





ヘビバレスタビーだと、ガンガン早めのバースト射撃を使っても拡散値はそれほど気になりませんが、横ブレが結構気になるのでブレて当たらない弾が多くなります。



コンペンスタビーだと、横ブレが気にならないのでガンガン早めのバースト撃ちを使っていくことができますが、拡散値が増加し弾がまっすぐ飛ばなくなるので当たらない弾の方が多くなります。





結局どっちもどっちな感じがあるので、私は他の距離で有利なコンペンセイター+スタビーがやはり強いなと思います!



コンペンセイター+スタビーは拡散値の増加が通常より大きいのが弱点でなので、この距離だとたまに当たりが悪くなることがある、という運の要素が絡んでしまうのがヘビバレスタビーに負けている点だろうな~。






最近思ったんだけど、この距離でDMRでカニ歩きしながら撃ってくるプレイヤーがたまにいて、結構ガッツリ当ててくるんだよね…。

低速2点バーストで応戦するんだけど、どうやらDMRの方が当たりが良いようで負けることが多い。

さらにいえば、相手はカニ歩きしつつ撃って当ててくるから、低速2点バーストを使ってもなかなか狙いが定めづらいし、しっかり当ててくるからキル速度的にも負けちゃうんだよね。

どうやら新たな脅威が誕生しつつあるようだ…。




「100m以遠」

M240Bならまだまだ行ける!!低速2点バーストでしっかり狙っていけば、キルも狙えるし最悪キル確定アシストでキル貰えてしまう(笑)

ヘッドショットが絡むこともあり、キル速度がメチャクチャ早いこともあります。

まだまだ狙える距離なので、相手がスナイパーでない限り撃っていっても問題ないと思う。






バイポッドがあれば200mくらいまでなら指切りでガッツリキルを取れます。

スナイパーを涙目にすることが可能です!





しかしさすがにコンペンセイター+バイポッドは拡散率の増加が大きすぎて、近中距離のフルオートの精度の低下及び中遠距離というM240Bの得意距離での立ち撃ち精度を下げてしまうという大きなデメリットもはらんでいます。



BF4はバイポッドが展開しにくいというのもありますし、もたついている間にチャンスを逃したり、敵が見えなくなってしまう事が多いです。

何故か横を向けなかったりすることもあるし、バイポッドの展開に失敗した時のリスクは小さくはない、っていう状況も結構あります!



バイポッドが思いっきり活躍する場所もBF3に比べて圧倒的に少ないため使いどころが難しく、最悪アタッチメント枠を一つ無駄にしていた!なんていう試合になってしまう事もあります。

しっかり遮蔽物があるマップが多いのもツラい所!

開けているのに遮蔽物や視界を遮るものが多い場所がたくさんある、ということが原因で味方が見ている位置でも敵が潜んでいることが多く、知らないうちに後ろに回り込まれてナイフされるってことが結構多いんですね~。






しかしながら、開けていて遮蔽物が少ないマップも少なからずあるので、そういうマップのみバイポッドを使うというは一つの手段かなとおもいますね!


ランカンダムやパラセルストーム、チャイナライジングのマップ全般やナバルストライクマップ全般、カスピアンボーダー、ルンピニガーデンなどはバイポッドがかなり活躍できると思います。


まぁスナイパーライフル以外のほかの武器なら無視する距離なんだから、高威力LMGだからといって無理して狙う必要があるわけでもないし、ホントに一方的に遠距離から攻撃できる状況が多い上記したマップ以外ではあんまりバイポッドは装備したくないなぁっというのが私の感想です(笑)






ってな感じでしょうか。





距離別に見ても、M240Bはコンペンセイター+スタビーが他のアタッチメントよりいろいろと優位に立っていることがお分かりいただけると思います。


ヘビバレ+スタビーとの比較が多かったと思いますが、私もいろいろ試したのがコンペンセイター+スタビーとヘビバレ+スタビーでしたし、多くの方々が気になるのもヘビバレとコンペンはどっちがいいのだろう?ってとこだと思ったからです。




結局考察だけしておいて、白黒はっきりさせずプレイヤーの腕次第ということで結論付けてしまわれる事が多いと思いますが、私は白黒付けれるものは付けたい人なので、上記した距離別の考察からもM240Bカスタムにはコンペンセイター+スタビーを推したいですね!

使っているうちにまた違うことに気付いて変わる可能性はあるけどね(笑)


得意な中遠距離を潰すこと無く、近距離までフルオートで対応できてしまうコンペンセイター+スタビーはM240Bのベストカスタムですね!

アタッチメント枠はなんでもいいと思うよ(相変わらず適当)



拡張マガジンさえあれば最強だったのにな!!!!!EA、DICEさん!!!!!!







コンペンセイター+スタビーは初心者も使える王道カスタムと言われていますが、私は王道というより様々な距離で優位に立てる最強カスタムだと思っています。



カスタムは使う人の腕やプレイスタイルによって全然変わってきますからあんまり最強カスタムだとかそういうことを言うのはどうなんだって話なんですが、あえて言っときますわ!(笑)


まぁいろんな距離で万能であり、使いやすく、成績も安定しやすいカスタムだと思っていただければと思います。




では今回はこの辺で!




おわり





-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: BF4 LMG

tb: --   cm: 8

BF4 トリガーハッピーと私  

皆さんこんばんは!

最近とても寒いですね…。

私は4年ぶりくらいの風邪を引いてしまいましたよ!!クソ!!!!






前回前々回の記事にコメントをくださった方々、返信が遅くなってしまい申し訳ありませんでした…。



ここ3日間くらい毎日残業しなければならず、帰ってきたら風呂入って飯食って寝るだけという状態でしたのでパソコンを開ける余裕も全くありませんでした!








ってかさ、前も書いたけど、私の今の仕事って今までは残業とかほとんどなかったし、そんな毎月毎月時間に追われ続けるってことも無かったはずなんだよね!!

やっぱり今年度はなんかおかしい!!!なんでこんな時間に追われて忙しいんや!!!







まぁ残業って言っても3時間程度なので、それ以上に仕事してる人からしてみれば

何やその程度!

って言われそうですが、普段残業してない人間が急にこうなるとシンドイんですYo!!!!

普段アクションゲームしかやらない人が急にFPSやり始めたらそりゃあ疲れるし、全然成績振るわないでしょ?

それと一緒だよ!!!(謎






ってかさ、3時間くらい残業して帰ってきただけでも全然好きなことやる時間がないんだけど、それ以上仕事してる人とかって全く自分の時間無いよね!?


どうやってストレス発散してるんだ…。


はい、ゲームの話します!




ある実況者さんの動画を見ていたのですが、その方はどの銃を使っていても中距離くらいまでフルオート気味に撃っているんですね~。






その方は立ち回りが結構姑息なのですが、ものすごく上手なプレイヤーです。

私は一緒の鯖でプレイしたこともあります!







フルオートをよく使っているということは、やっぱり中距離まではフルオートで戦う方が強いということなんでしょうね。


そんなの武器によるだろ!って言われそうですが、でも実際そういう方と戦ってみると、指切り撃ちでは太刀打ちできないことがよくあります。

なので中距離まではフルオートもしくはフルオート気味に撃って当てて行きたいと思うようになった今日この頃であります。









ってかもともとLMG使いなんだし、バリバリ撃ってなんぼやろが!!!!!



ってなことで、ちょっと愛銃M240Bを使ってフルオートで戦えるカスタムを試しています。







フルオートトリガーハッピーはMG4やM249の専売特許であることはわかっていますが、やはり猛者に対しても勝率の高いM240Bでフルオートの戦いをやりたいじゃん!?

愛銃だしさ!








マジメな話、M240Bは性能的には、近距離や近中距離でMG4やM249といった高レート武器と全く同時に撃ち始めたとしても、しっかり当てることが出来れば少なくとも相討ちになるくらいのポテンシャルは持っているはずなのです。


しかしながら、近距離、特に近中距離では横ブレが仇となって弾が敵をすり抜けて行くことが多く、それゆえそのポテンシャルを生かしきれないという場面がよくあります。


指切り撃ちをすればまぁ当たりますけど、上記した通り相手がフルオートで当ててくるプレイヤーの場合、指切り撃ちでは勝てません。






近距離戦でのM240Bのポテンシャルを生かしきるには、少なくとも近中距離まではフルオートで当てて行く必要があるのです!






ってなことで今回はこの辺で!考察は次回に持ち越し!!



前回の記事でM240Bに関する情報をいただきましたのでそこに書いちゃいましたが、結論としてビジュアルリコイル撤廃後のM240Bにコンペンセイターを付けるとまさかのフルオートで当てていけるカスタムが出来上がるんですよ…。

今までビジュアルリコイルが撤廃されたことで、横ブレはそんなに気にならない気がしてたため、LMGと無条件に相性が良くなったヘビーバレルをずっと付けていましたが、フルオートで当てて行くカスタムならばコンペンセイターが最も強いです!

詳しい内容は次回!!




おわり

category: BF4 LMG

tb: --   cm: 10

BF4 高レートLMGと高威力LMGについて ~猛者や強武器に対抗したい!~  

久々BF4の記事です!


やっぱりBF4面白いわ~。

他のゲームに移ってから戻ってくるとよくわかるね!!







以前、愛銃がまたサプ付MG4に変わりつつあるみたいな記事をどっかで書いたような気がしますが、結局私はM240Bに戻ってきました。


それはなぜか?


強者が使う強武器、特に突撃兵でAEKなどのアサルトライフルを使ってガチで狩りに来る猛者に対抗できるのは高威力LMGだということに気付かされたからです。




MG4などの高レートLMGは、サプレッサーなどを装備し、裏取り大量キルを狙うとかなり強いのですが、当然そういう戦い方が通用する相手というのは失礼ながら格下の敵に限られてきます。

相手が格下でなくとも、それほど強くなければ、800レートという高連射で無理矢理ねじ伏せることは可能ではありますが。










しかしながら、正面切って向かってくる猛者が使う突撃兵たちには、とてもじゃないけど勝てません!

そもそも裏取り自体、そう易々と何度も成功するものでもないですし、必ず正面から戦わざるを得ない状況というのは出てきます。




裏取り中に他の敵に鉢合わせた時、LMGを担いでいるとデスの可能性が非常に高くなりますし、倒せてもダメージを食らっていると援護兵では回復の手段がありませんから連戦がきつくなります!

さらにいえば、1人1人をしっかり最少弾数で確殺していかないと、素早い反応スピードによってこちらの存在に気づかれ、複数対1の状態になってしまいせっかく苦労して後ろを取ったのに返り討ちになってしまうこともよく起こります。

そして一度裏取りをやってしまえば、今後は確実に警戒され、成功率はさらに下がることになります。











なので、相手が猛者であればあるほど、裏取り仕様のLMGでは太刀打ちできなくなってしまうのです。

正面からの戦闘になると、MG4やM249の800程度のレート銃では精度も移動撃ちもアサルトライフルに負けているため、勝率は芳しくありません。

勝てても瀕死になる状況が非常に多いです。

尚且つ相手が800レート以上の武器を持っていた場合、さらに勝率は低くなります。



この事を痛感させられたのが、以前記事にしたラッシュでの地獄経験でした。

どういう内容かは、以前の記事の「地獄その1」のあたりを読んでいただければと思います。








地獄その1の最後に書きましたが、ガチで狩りに来る猛者に「LMGで対抗する」には、遠距離気味に戦い、敵の得意な距離から逃れつつ、こちらが有利な距離で戦うということが非常に重要になってきます!

そういう戦いをしようとした時、高レートLMG二種では中遠距離戦がそれほど強くないため、倒しきれないという状況が非常に多いんですね。

猛者たちは引く技術やタイミングもメチャメチャ上手いですから!









他のLMGなのですが、「AWS」なら精度と反動は申し分ないのですが、威力減衰が激しすぎる為、そもそも中遠距離戦は向いていません。


これは余談ですが、AWSはかなり使いやすく、強いLMGではあるのですが、いかんせん得意距離が近~近中距離なので、相手が近距離特化した武器を使ってくると途端に勝てなくなる傾向があります…。

ナバルストライクが配信された直後はAWSの使用率が尋常じゃなかったのですが、今はそこまで見かけませんよね?

それは上記したことが原因なのだと思われます。交戦距離の問題もあるため、使いやすく強い銃ではあるものの、戦う相手によっては勝率が著しく下がってしまうLMGなのです。










ではTYPE88LMGやLSATならば?

実際猛者たちと戦ってみると、中距離ならば確かにこちらが有利ではあるのですが、猛者は引くことも上手なため倒しきれないことが多いですし、最悪レートや精度を使ってゴリ押しされ負ける可能性も結構あります…。

当然ですが近距離に持ち込まれると死亡が確定しますし、なかなか利点を生かし難いですね。

広いマップではなかなかに強いですが、近距離を戦わなければならない場面が多いマップなどではキッツイな~ってなることが多いです。

メトロのような正面からの撃ち合いが多発し、なおかつ近中距離~中距離での戦いになりやすいマップをやってみるとよ~くわかると思います。

相手が猛者ならなおさらですね!

あとMG4なんかと同じく、相手が逃げるのが上手いと倒しきれずに逃げられることも多いですね!

突っ込まなければならない状況になった時の為の緊急離脱用近距離装備によって装備枠も圧迫されますし、いろいろと辛い!!






まぁ、どんな武器にも得意な距離や戦い方があるため、「いやお前が下手なだけだろ!」とか「こうすればこの武器は猛者相手でも戦えるよ!」みたいなことを思われる方もいると思います。

それぞれの武器にはそれぞれの武器での戦い方というものがあり、それを生かす動きと言うのは確実にあります。



しかし、私の下手さは置いといて、猛者相手に自分の有利な状況を作り出すこと自体が非常に難しいのです。



猛者が一人二人ならある程度なんとかなりますが、相手がクランレベルの統率力を持った猛者揃いだと、上記したようなLMGですと自分の土俵で戦わせてもらえない状況が非常に多いため、「こうすれば強いよ!」の「こうすれば」をさせてもらえないのです(笑)







話が逸れはじめましたので戻します(笑)

いろいろと経験した結果、どんな状況でどんな猛者相手でも勝てる可能性があるLMGが、高威力LMGと言うことに改めて気付いたのです!


大型アップデートによって、近距離が厳しくなってしまった高威力系武器ですが、それでもレート800程度の武器に対してなら、近距離で同時に撃ち始めた場合まだまだ勝てる可能性が残っている非常に優秀なヤツがいます。








そう、M240Bです!!!






やはりM240Bは強い!


なぜM240Bはどんな状況でも戦えるのか?


それは

・ 交戦距離がとても広い

だけでなく

・ 中遠距離に抜群な強さを持っている

からです!



他の強武器と同じく、かなりの距離を戦える万能性能でありつつ、ほかの武器では対抗しにくい特化した距離があるのです!




つまりは、LMGと言うカテゴリでの強武器ってことですね!

反動がデカいのと、特化距離が中遠距離ってことで、近距離が強い強武器に比べて人を選びますけどね(笑)









中遠~遠距離という、猛者たちが嫌がる距離での勝率が格段に良く、また猛者相手でも逃げられることが少ない!

高威力ゆえ、最悪キル確定アシストでキルを貰えてしまう事も多々あります(笑)

それでいて、それなりのレートがあるため近距離戦もそれなりにこなしていける!





こんなすばらしい武器は他のカテゴリーにありませんぜ!!!

他のカテゴリーの高威力武器は最低威力が下がって中遠距離が4発確定ではなくなりましたからね!








実際使ってみると、反動が大きいため多少の反動制御テクニックや、撃ち方の工夫などは必要になってきますが、慣れ次第でこいつなら猛者たちとも渡り合っていけます!


以前経験した猛者たちとの壮絶な戦いでは、最後の方の試合にMG4からM240Bに持ち替えたところ、成績がかなり伸びましたからね~!






ってなことで結局私はM240Bが愛銃として落ち着いているようです。




今後は記事を短くしたいということもあり、今回はこの辺にしときます(笑)


次回くらいに最近の私のM240Bのバレル選択について書こうかと思います。


おわり


-- 続きを読む --

category: BF4 LMG

tb: --   cm: 6

COD:AWの飽きが早い…。 ~新年のあいさつと雑記~  

みなさま明けましておめでとうございます!




こんな微妙なブログを読んでくださっている皆々様方、このブログは今年も細々と、私がこれは使えるんじゃないかと思ったことや、いろんなゲームのレビュー、日常の話や愚痴なんかをつらつらと書いていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたしまする。



今んところ日常の話やFPS以外のゲームの話一切してないけどね(笑)





愚痴に関してはあまり言い過ぎないように気をつけて行きたいと思っています(笑)

まぁこういうとこでぶちまけてもしょうがないし、そういう内容って個人的な主観だけでしかなく、そんな個人の感覚をひたすら強い口調でグチグチ書いちゃうとそれ見て不快に思われる方も結構いると思いますからね~!

最初に注意書きで今回は不快な記事かも云々って書いといたって、読んでみなきゃわからんわけですから結局見て不快な思いをする人が大半だと思いますし。





少なくとも「こういう理由でこれはクソだ!!」みたいに書くようにはしたいと思っています!



とにかく根拠ってのはすごく大事です!

ただ単に思ったことを書いているだけではなんの参考にもなりゃしませんからね。

私の場合は大体が実体験に基づいた話しかしませんが(笑)







まぁすぐに脱線して長文ばっかり書いてしまう私ですが、よろしくお願いします(笑)

今年は短めに記事を書きたい!




なんだかこのブログの閲覧者数が、COD:AWのことを書き始めてから急に伸びたような気がします。

やっぱり新作ゲームなんかの話を書くと多くの方々に閲覧していただけるようですね~(笑)









ただ私は個人メモ的な感じでこのブログを書いていますので、あまり見て頂いている方々の数は気にしていません(笑)





はっきり言って私は人に教えることが出来るほど上手いプレイヤーではありませんし、むしろ教えられる事の方が多いと思います!

中には本当はメチャクチャうまいし、実際キルレ等の数値もすごく高いのに、謙遜して上手くないって言っているプレイヤーもいると思うんですけど、私は本当に上手くないです(笑)









私は、いろんなことを私自身が見つけるのではなく、他の方々ががんばって見つけた上手さの秘訣をパクる参考にするってことが非常に多いです(笑)

つまり、自分で秘訣を開拓できるほど上手くないし経験もないし、時間もないってことなんですわ!!







このブログ自体、自分がどうしようもなくなった時に、自分の書いた内容を見返して頭の中を整理できればくらいに考えで始めていますので!

文字で残しておけるっていいよね!







そのついで、と言ってはなんですが(笑)、こんなメモみたいなものの中から読んでくださっている方々が少しでも参考になる所があればそれを共有できればと考えております。






話が逸れましたが、先程COD:AWを書いてから読んでくださる方々が増えましたと書きました。



しかし、ちょっとしばらくCOD:AWは休憩しようかなと思います(笑)



折角見てくれてる人達がいるというのにね…。








CODAWは全然おもんない!ってことは無いんだけどね~

今までの作品よりも良いところはたくさんあります。

むしろ過去作の悪いところを改善しつつ、新しいことに挑戦しているなど制作サイドはかなりがんばっていると感じますね!






しかしどうしても回線が安定しないのがストレスになってしまう。

面白い時と面白くない時の差が激しすぎるんですよ。

CODはそれくらい回線が大事なんです!!








そんでもって、武器選びやカスタム作りがあんまり面白くないんですよね~






LMGらしいLMGも二挺しかない!

3挺目のLMGであるデュアルLMG、XMGはアップデートで強化されて使いやすくなったし結構強いし面白いけど、やっぱりネタ枠の域を出ませんね(笑)





今作は過去作みたいにネタ武器などを、この武器はこうやってカスタムしたら使えるかも!?みたいな試行錯誤を試す気にもならないというかなんというか…。






結局全部ラグが悪い!!!!





どんなすばらしいカスタム作っても、結局ラグいかラグくないかで勝てる勝てない、勝ちやすい負けやすいが決まってしまうと考えると、どんな状況であったとしても少しでも勝率を上げる可能性があるガチ装備を持って行くしかなく、試行錯誤する意欲が削がれるんですよね…。



回線負けの状態で若干スペックが劣る残念系武器を使おうものなら撃ち合いの勝率があまりにも低くなり、デスを量産してしまうため全然使う機会すら与えられません…。

ってか強武器と呼ばれるものを使っていても、ヒドイ回線状態のゲームに放り込まれると急に撃ち勝てなくなります!


そうなると正面からの戦いを諦め、敵の横や後ろを取るように動くしかなく、自分の行動を抑制しつつ戦わなければならなくなり、非常にピリピリした戦いになりとっっっっっても疲れます!

理不尽な撃ち負けも起きるし…。






とにかく、回線がもう少し改善されるまではCODAWはしばらく様子見かな~。




なんとなくですが、CODAWはいまいち盛り上がりが少ない気がします。


様々な情報が出てくるのも過去作のCODMW3やCODBO2の時に比べて非常に遅いですし、マルチ対戦の解説動画なども全然上がってきませんね~。


余談ですが、上がっている動画はこうすればいい成績を残せる!みたいな解説動画より、愚痴動画や不満垂れ流しプレイみたいなものの方が多い気がします(笑)






ある実況者の影響なのかもしれませんが、その実況者はかなり口調は厳しいものの言っていることはほとんどが正論で、ちゃんとした自分なりの考えに基づいて論理を展開していますから、それほど不快な動画にはなっていないと感じます。

そもそもこの実況動画主は、COD界隈に生息しているお子ちゃまたちや少し頭のいかれたプレイヤーなどをターゲットに暴言を吐いているのであって、全方位に喧嘩を売っているわけではありませんからね!


愚痴動画などが多くなってきている=その方のマネをしている動画投稿者が多くなってきているっということだと思うのですが、どう見ても中高生くらいのまだまだ青臭い考え方の投稿主が多いんですよね(笑)


人気の実況主にあこがれて(もしくはパクって)、似たような動画を作るのは結構だと思いますが、ただグチグチ不満や暴言を吐いているだけでは不快な動画でしかないと思いますよ…。





そしてほとんどの動画が、パーティで野良をレイプして、「はい、途中抜けするクズばかり」みたいな内容ですからね(笑)






パーティーレイプが途中抜けに拍車をかけているという考えはないのだろうか…?





コメント返しも「は?お前頭沸いてるだろ」みたいな低レベルな発言ばかりですし、CODはクズばっかりだ!みたいなことを仰っていますが、逆にこういう動画を作る人達がCOD界隈のイメージを下げているということに気付いてほしいですね~(笑)










はい、話が逸れました(笑)



CODAWで一番驚きなのが、毎作結構充実するwikiが全然使い物にならない状態のまま放置されているところです!!

今までならば、字幕版が発売して、吹き替え版が発売するまでにかなり充実した編集がなされていく!というのが流れだったのですが…。

現状は二つくらい適当に編集されたアサルトライフルのページがあるだけ、という目も当てられないような状態です。





どうしてこうなった!!!





BFシリーズもBF3で結構失敗だったとか言われていますが、それでもBF4のwikiは開設されてからすぐかなり賑わっていましたし、内容の更新も十分にされていましたよ…。

wiki自体二つ存在してるしね!








やっぱりCODはファン離れが激しいのかねぇ…。


MW3くらいからお子ちゃまたちやマナーの悪い(口も態度も性格も悪い)プレイヤーたちが増加し、ファンが徐々に離れつつあったという話はよく聞きますが、BO2まではそれでもかなりにぎわっていたように感じましたけどね。





ってかBO2っていまだにプレイヤー結構いない??(笑)






前作のゴーストが決定打になってしまったのでしょうか??まぁ多分そうなんでしょうけど(笑)


AWは、そんなCOD界隈の退廃的な雰囲気を一新するような出来にはなっていると思うのですが、やっぱり大きく仕様変更されたゲームは購入自体さける人も出てくるでしょうし、そもそもCODそのものに飽きてしまっているファンも多いのでしょうかね?








個人的には、前の記事にも書きましたが回線周りが気に入らないってことと武器選びやカスタム作成が面白くないということで、飽きが非常に早かったです。





【私が飽きてしまうのが早かった理由について深く考察】




CODだけでなくBFなどにも言えることだと思いますが、カスタマイズの幅の広さってそのまま長くプレイできるかどうかに直結していると思うんですよね!



あれこれ考えて、「ぼくの考えたさいつよのカスタム(^p^)」を突き詰めていくのがすごく楽しい!



BFは4になってカスタムの幅が非常の広くなりましたね!だからこそ今でもプレイできるほど長く楽しめれているのだと思います!





CODは過去作から武器のアタッチメントだけでなく、パークなどのシステムがあるため、非常に様々なカスタムを作ることが可能で、それが大きな魅力の一つでした!

そして、このカスタムの面白さによって長いことプレイヤーが楽しむことが出来る訳です!



このカスタムをいろいろ考えることというのは、結局勝つこと、が根底にあるはずです!

まぁネタ装備に走る方もいますが(笑)、基本はいかにして勝つかを考える筈なんですね。







CODは普通に使うとかなり微妙な武器があったとしても、それを武器アタッチメントで補い、さらにパークでプレイヤーを強化することで、一気に強武器に化ける可能性を秘めている!みたいなのが面白さの一つだったと思うんですね!





MW3では、BO2から戻ってきてしばらくの間、普通に使うと結構微妙なLMG、M60E4でどうやったらいい成績を残せるのか?を考えてカスタムを考えるのが楽しく、ドハマリしていました(笑)

で、立ち回りなんかもそれ用に改善して、実際自分の考えたカスタムで毎回いい成績を残せるようになって、あー!成長したなー!って感じることが出来るのが最高に気持ちよかったです(笑)







そんなこんなで、結局アサルトライフルにはどうあっても勝てないことに気づき、少しでもアサルトライフルを食える可能性のあるLMG、MG36に落ち着いたりと、いろいろ私の好みや考えが変わっていくその過程もすごく面白かったですね。




結局、自分でひたすら考えたカスタムと自分の腕を磨くことでいい成績を残す!というのが非常に楽しいのです!これのおかげで飽きが来ないんですね!






しかし、今作AWはどうよ??

どんな武器どんなカスタムにしようがそれなりに勝てる時は勝てるし、回線が悪ければ強武器やその距離の特化武器を使っても勝率は悪い…。

最強のカスタムを使っていても勝率が安定しないため、先程書いたようにいつでも強武器カスタムを使わざるを得なくなってしまいます。まぁ私がヘタクソってものかなり大きいですが(笑)





もうカスタムを作る楽しみが全然無いんですね!!!

ド安定のカスタムしか作る気が起きない!面白いカスタムを作っても回線ですべてが台無しになることも非常に多いし…。






待ちポイントや強ポジが少ないことも飽きが早いことに関わっていると私は思います。



私は芋プレイヤーと言う訳ではないのですが、やっぱり待ちに適した武器ってあるんですよね!

LMGなんかは大体のゲームで待つことが強いような性能になっていますし(笑)




まぁ武器だけの話ではなく、待ちポイントや強ポジがあると、それが一つの読み合いの要素になるため、戦略の幅が大きくなります。

この辺りは待ちポイントだから、置きエイムをしつつ移動しよう!などと言うことも、小さなことですが戦略の一つですよね!

こういう待ちポイントや強ポジ探しも一つの面白みであり、それを潰す方法を探求するのも楽しみの一つかな~と思います。





AWは徹底的にそういった待ちポイントは排除された作りになっています。

多少室内や一部の角など、待ちポイントが無いわけではないのですが、そこで多くの敵を捌ききれるのかというと、そこまでの強ポジではありません。

敵が見落としやすい、程度のポイントと言う訳ですね。





過去作を見ると、明らかにおかしな強ポジがマップ上にあることが多く、そういったことに対する批判を考慮して今作はこういった待ちポイントが排除されているのかな~とも感じます。

ブーストジャンプによって高所にも簡単に登れるため、敵の裏も取りやすいですし、これはこれで面白いとは思うんですけどね!





そうなると、味方の位置を確認し、敵の位置を予測し、上手く立ち回らないと連続キルなんかは難しいです。

普通に敵の位置を予測しながらやっていても、私の腕では正面からの撃ち合いになってしまうことが多いですね~(笑)





じゃあ立ち回りゲーなのかというと、変なリスポーンのせいで非常に展開が読みにくく、過去作のようにこっちが敵のリス位置だからここで攻めてリス狩りだ!!とかもしくは一旦引こう!っていうクレバーなプレイが難しいのが現状です。





んで結局正面からの撃ち合いになるもんだから、回線が強い方が有利となってしまうわけですね…。

そうなると前回の記事で書いた通り、回線負けや威力減衰なんかも絡んでなんかシビアな撃ち合いを要求されることになり、私には合わないと感じてしまう訳です。






今作は有名なプレイヤーの意見を聞いてみても、AWはパーティ組まないとキルレ2以上の維持は難しい!ってな発言が聞こえてくるくらいですから、パーティによる回線独占と、ボイチャ等での連携によって強制的に強ポジを作ることがどれだけ重要かということがわかりますね。

ってか結局、CODは強ポジで待つことが鉄板のゲームなんですね(笑)






じゃあ強ポジがいっぱいあるゴーストは面白かったのかといわれると、全然そんなこと無かったわけですから、結局はマップの作りが重要なのかもしれませんね。

MW3のマップは適度に開けていて、適度にゴチャついていて、適度に強ポジがあり、適度に強ポジを潰すことが出来るマップが多かったと思いますので、面白いと思えたのかもしれません。






ま、これは私が飽きてしまった理由なのであまり参考にならないかも知れませんが、どうでしょうこの考察?(笑)







結論として、今作は

過去作以上に野良での戦いが厳しい(待ちポイントや強ポジがほぼ無いこと)



回線状態が不安定過ぎて、成績が安定しない(遭遇戦や正面からの撃ち合いでの勝率が安定しないこと)




これが原因となり、COD離れ及びプレイヤーの飽きが加速しているのではないか


という記事でした!




ってなことで今回はこの辺で



おわり




なんかいきなり愚痴みたいな記事になっちゃったな~

結局クッソ長いし(笑)

新年早々の記事がこれでいいのか…。












いいんだよ!!!!!



今年もこんな感じの行き当たりばったりな記事でやっていきま~す!


category: COD:AW

tb: --   cm: 4

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

LMG弾幕カウント

▲ Pagetop