FC2ブログ
FPSとLMGと日常 ~週末ゲーマー奮闘記~ ホーム »2014年11月
2014年11月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

COD:AW マルチプレイの洗礼!(泣) ~愚痴と感想~  

さて、キャンペーンをクリアした後マルチプレイを3時間ほど触ってみたのですが






いきなりパーティレイプされたんだけど!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






ホントにCODはクソッたれですね…(笑)










私は最初、チームデスマッチで感覚を覚えてました。


アサルトライフルを使ったり、サブマシンガンを使ったり、LMGを使ったりして武器の使用感を確認したり、どういう立ち回りが効率がいいのかなどまずは基本的なセオリーを覚えようと思ったわけなんですね。


最初はマップも覚えてないしボコされることは覚悟の上で始めたわけなのですが


まだ発売したてで他のプレイヤーがそんなに上手じゃないっていうこともあり、初回から連続キルに成功して高キルストリークを呼べることもありましたし、3試合目くらいで1位を取ったりすることもあったりして、あれこれもしかしてワイ上手いんじゃね?wとか調子こいてました(笑)




まぁMW3からBFシリーズを含めずっとFPSやってるのでプレイヤースキルにアドバンテージが有るのは当然ですね!

ってかこれで初心者以下だったら泣く!!








しかし、そろそろ他のルール行こうかと思って、グランドウォーに入ったのがアカンかった!!!




一瞬でマッチングしたのですぐにわかりました。あ、コレ誰かが途中抜けしたところに放り込まれたなって。

結構CODは長いことやってたので、こういう感覚はすごく分かります(笑)






さて、グラウンドウォーのドミネーションに放り込まれたわけなのですが、

まずスコア表を見てみると、グラウンドウォーは人数の多いルールなのに味方が私ともう一人しかいない(笑)

当然敵はフルでいます!12人かな? いきなり12対2かよww





で、すぐにそのマッチ前半が終わります。その時点でもう私一人しかいない(笑)



前半が終わった時点で点数が取られ過ぎてもう試合が終わりかけていたので、取り敢えず一人で後半戦をやります。



後半戦が始まった瞬間からUAVが飛びまくります(笑)




ただ私は早く終わらせるつもりだったので、拠点も一切取らないしローファイでUAVに写らない状態で適当に動き回ってました。

その上こちらは私一人しかいないのでリスポーン地点も読みにくいらしく、敵はイマイチ私の位置をつかめていない様子。

出合い頭で撃ち勝つことも多かったですし、敵の背後も結構取れたためそれなりにキルはできました。



で、前半戦でメチャクチャな点数を取られていたおかげで始まって1分もしないうちに試合が終わりました(笑)

この時私の成績はキルデス1を超えていたので、もしかしたらこの敵パーティってあんまり大したことないんじゃないかと思って続けて次の試合に挑んだのですが






これがいけなかった!!!!!!!!!!





とっとと抜ければよかったんや…。





次の試合はまたドミネーションだったのですが、もう目も当てられないような試合でした。






敵はやはり野良を虐殺するのが生きがいのパーティーだったようで、常にUAVを飛ばしまくり、全員で順番にシステムハックとかいうストリークを使ってきます!!

いわゆるMW3であったEMPループってヤツですね!

おかげでこちらはなんとか連キルしてストリークを稼いでも支援機器は一切使えず、常にデカいドクロが画面に出っぱなし(笑)

今作はそのストリークに対抗できるパークがあるのですが、そんな装備持って来てないよ…。






拠点に関してですが、味方が数人で頑張って拠点を取ろうものなら敵は過半数でその拠点に突撃してきて、皆殺しです(笑)




従来の作品と違い、CODAWはブーストジャンプや空中横移動があるので、1人ならまだしも複数人でブースト突撃されると全員返り討ちにするとかって言うのは不可能に近いです…。

ただでさえ飛び回る敵に対してのエイムが非常に難しいので、1人くらいなら何とか倒せても、他の奴らにやられます。




で、ひたすら画面に出てくるデカいドクロを見続けて、空から襲ってくる複数人にリンチされ続けて試合が終わり、ふたを開けてみればこちらのチームは1人を除いて全員30デス近くしている状態…。

リスポンしてから1分以上生き残ることがほとんどできない。

当然味方は続々と抜けて行きます(笑)

途中から入ってきた人達はよく最後まで抜けなかったね!

終わった時点ではこちらのチームは多分過半数が途中抜けし、違う人が入りまた抜けを繰り返したみたいで、結局最初から最後まで残っていたのは私含め3人くらいかな?



これはさすがにゲームとして面白くなさすぎ(笑)

普通の感覚の人なら途中抜けするでしょうね(笑)






まぁ、BO2の頃のパーティによる大型スコアストリークループで、常にこちらの位置と向きが表示され続けた状態で、リスポンするたびに爆撃や裏取りマンによって殺され続けるあの地獄に比べたらまだましっちゃましですが、やられてる方からすれば復活した瞬間にデスるということが無くなっただけですね(笑)




ブーストを使われると弾を当てるのが難しいため、どっか強ポジに芋ってやり返すこともあまりできないし、その1人に手間取ってる間に他の奴にやられます。

そもそも芋れる強ポジが今作はあんまりないんですよね。ジャンプで登れちゃうし、裏をすぐとられちゃう。




打開策は他の作品以上にないような気もします。



システムハックに関しては、上記したように装備次第で対抗はできるのですが、撃ち合いに関してはもうどうしようもないですね。

1対多で、相手が全員ブーストやドッチを使って弾避けをしながら襲ってくると撃ち勝つのは無理です。






結局今作もレイプパーティたちにボコされるのは確定なようです(笑)




どうやらレイプパーティーたちは今のところグラウンドウォーに巣食っているみたいなので、あまりグラウンドウォーはやらんようにしようかな?




マルチプレイ始めて初日にしていきなり強烈な洗礼を受けてしまいました(笑)







よく途中抜けはマナー違反だ!!とかそういう意見を耳にしますが、たしかに自分の成績が悪いからといって試合を途中で放棄するだとか、回線をぶち抜くだとかそういうのは最低なマナー違反だとは思いますがね。




でもさ、こういう理不尽過ぎるパーティレイプについては、普通の人ならほとんどの人が途中抜けするんじゃないの?(笑)






だってさ、これひたすら不快な思いをさせられ続けて、その上パーティたちの養分になってるだけだよね?






以前どっかのまとめで見た記憶がありますが、こんなことを言ってる人がいました




「今作はパーティ対策されてるみたいで野良狩りできんわ!!!」







…………完全にウソなわけなのですが(笑)、こうやってウソをついて情弱や初心者をだまし、養分にしようとしているプレイヤーさえいるんですよね。




これに対して出来る対抗手段は、そりゃあ出来るなら返り討ちですが、これはまず無理です。



だったら全員で途中抜けして、その試合をノーコンテストで終わらせてパーティをゲンナリさせるってのが一番効果的だって思っちゃうよね!





はっきり言って、「パーティレイプされていても抜けるやつはクズ」とかそういう意見は、上のようなウソ発言をしているパーティーレイプしてる側の人間が言ってるとしか思えないんですよね~。


パーティで野良レイプと成績爆上げを楽しみたいから、途中抜けして試合終わらせるんじゃねーって言ってるようにしか思えんのですわ。






途中抜けに関してものすごい厳しい意見を持ってるプレイヤーさんの動画で、パーティーにレイプされてる試合の動画を見たことありますが、こうすれば被害は最小限に抑えられるよ!みたいな解説をされていましたが、当然負けは確定ですし、結局デスは40近くとかなり多く、とても一矢報いたとは言い難い結果でした。



その方は自分が途中抜けに対して散々言ってきたので、自分がそういう状況に出くわしてしまった場合の動画を上げて解説をしたのでしょうが、そもそも論としてそんな試合やってて面白いですかね?(笑)



しかも結局パーティーからしてみれば、途中で抜けずに養分になってくれてありがとう!wくらいにしか思ってないよねコレ。




こんな養分にされ続けるだけの試合やってるのは時間の無駄だしとっとと抜けるわ!って考える人が居てもおかしいとは思いませんがね~。




まぁプレイヤーも様々なので、サブアカウント使ってる人とか、自分がパーティ組んでやる用のアカウント持っている人は、捨ててもいいアカウントならそら途中抜けもしないかもしれませんし、自分もパーティ組んでやり返すことができるのでまた考え方は変わってくるでしょうね!






私もBO2時代はかなりの頻度で地獄のパーティレイプを喰らったことが何回もあるのですが、その時の敵パーティーたちの会話がとても印象に残っています!


私はその試合途中参加だったのですが、参加時点で空から無数の爆弾が降り注ぎ、地上では軍用犬が走り回り、マップにはこちらの位置と向きがずっと表示されて、ひたすら虐殺をされ続けているという地獄状態でした…。

それでも途中抜けはせず、ボッコボコ状態でデスしまくりながら最後までプレイした訳なのですが、試合終了の時の敵パーティの会話がこれ




「うっわ!敵全員デスの数ハンパないやん!」

「あーぁ、かわいそう」





かわいそうっておまえ……。

そういう状態にしてるのお前らやろうが!!!






結局パーティレイプをする人達というのは、敵を狩って楽しむことが全てで、相手が途中抜けせず頑張って最後まで抵抗したところで感想はこんな程度なんですよね。

上記したように、養分になってくれてありがとう!wってことなんですね(笑)。






「自分より弱い人達をボコるのがFPS」と言っている方々もいますが、これに関しては私は正しい認識だと思います



実際自分の成績を上げることに貢献してくれる相手というのは、大半が容易に撃ち勝ててしまう自分より弱いプレイヤーですし、FPS自体対戦ゲームなのですから勝ち負けがあるのは当然です!

野良やソロでプレイしていて無双し、ひたすら敵を狩り続けて雑魚を狩るぜ!って言ってる人ならまぁー文句のつけようがないですね!

こういう強者が批判されるのはその言い方や口調であり、人格の問題でしょう(笑)



まぁそういう人が、ボコられたからと言って途中抜けする相手に「途中抜けしてんじゃねー!」って言うのはなにも間違ってないと思います!

自分の尻拭いは自分でするべきですからね!




現実問題、ちょっとでも成績が下がりそうならすぐ抜けたり回線をぶっこ抜くって人、CODでは結構いるんですよね!

そういう人達が抜けたところに入れられたプレイヤーは抜けたヤツの尻拭いをさせられることはもちろん、無条件で敗北が1プラスになることもよくある話で、迷惑極まりない行為で間違いありません。



結局自分のことしか考えていないってことですね!






でもね、野良を虐殺する目的でパーティー組んで、9割がた勝ちを確定させているような人達が、「途中抜けとかマナー違反だ!」とか言ってるのってちょっとおかしくないですか?(笑)




上でも述べましたが、それって結局自分たちが狩りを楽しみたいから言ってるわけでしょ?

パーティ組んで野良を狩れるレベルのプレイヤーたちなら、野良が頑張っても虐殺に抵抗できる可能性はほとんどないことは分かっててやっているはずですよね。


俺たち強すぎるから相手が萎え落ちしていくのも仕方ねーわwwとかいってるパーティーならわかりますけどね(笑)

そんな発言するパーティー聞いたこと無いですが!





とどのつまり、これって途中抜けする自分勝手なプレイヤーと結局考えてることは一緒ですよね。


結局のところ根本は同じなんです。つまりは、



自分が楽しみたい!自分が楽しければそれでいい!自分の楽しみを邪魔するな!





これに尽きるんですよね。


そもそもゲーム自体、楽しむためにやるものなので、プレイヤー全員がこの認識ではあるとおもいますが、その楽しみ方の方向が違うだけなのです。


結局成績を気にして途中抜けしまくる人達やネタプレイに走るエンジョイ勢も、パーティで虐殺を楽しむガチ勢も、自分勝手な楽しみ方を主張をしているという点で同じ穴の狢なんですね(笑)






まぁパーティ組めば誰でも狩りを出来るのかと言われれば、そういうわけではないですけどね。

私も連携をとれていないしょっぱいパーティーに何回か勝ったことありますし(笑)

まぁそういう人達って会話を聞いててもたいていすごく面白いというか、嫌味じゃない人達でしたね!

ガチすぎないというか、狩ることを目的としていないって感じですかね~?





ガチで狩りに来ている統率のとれたパーティーに野良で対抗するのはほとんど無理です。

じゃあお前らもパーティー組めばいいだろって言われるのが常ですが、まぁ私の様にフレンドもリアルフレンドも少ない人間では無理ですし(笑)、そこまでして成績を上げたり野良を狩りたいかと言われると別にそこまではなぁって感じです。

やられるのがムカつくだけですね(笑)



基本私は野良でいろんな人達と撃ち合いしてるのが気楽で良いです。

そもそもレイプしてくるパーティー対策でパーティーを組むというのもなかなかおかしな話ですし…。

正直打開策はないよね。





結局こういう話は最終的に、

パーティー組むことはシステム上できるんだから制作側も認めてることだし文句言うな!

じゃあ途中抜けだってシステム上できることなんだからやってもいいよね?


みたいな水掛け論になって終わらないのでこれ以上は追求しません(笑)




どちらもシステム上できることというのは紛れもない事実ですし、結局はパーティで虐殺することも途中抜けすることもプレイヤーの考え方や質の問題です。







まぁCOD:GやBF4ではフルボッコにされる試合はあっても、ひたすらキルされ続けるという状況はなかったので、BO2以来久しぶりに受けた(しかもマルチプレイ初日に!)パーティーレイプによる苦痛とストレスからこんな愚痴記事を書いてしまいました(笑)



別にパーティレイプを肯定している訳でも、途中抜けを推奨している訳でもないですからね!!!!!



結局のところ私は今後もパーティーによって虐殺されることはあっても、なにかしら一矢報いようと嫌がらせ目的で居座り続けると思います(笑)

なんとかガチで狩りに来るパーティに勝てはしなくてもいいから、対抗できる方法を見つけたいよね!



でも、こんな私でさえパーティーレイプをされた後はとてもムカつきますし、とてもゲンナリします。
普通のプレイヤーなら途中抜けは当然のことと考えてるんじゃないかなって話ですわ!



結論:パーティーレイプや途中抜けは結局どっちもどっちです!ほどほどに!







んで肝心の、マルチプレイの普通の感想ですが、


現状はネットとかでよく転がってる情報は正しいみたいでアサルトライフルが頭一つ以上抜けて強いですね。


レートも結構高いし、近距離は3発で倒せる武器が多いので、サブマシンガンなんかにも近距離で勝っちゃうことが多いです。




逆にこっちがサブマシンガン使ってみると、近距離でも4発必要なためにアサルトライフルに普通に撃ち負けたりしてキーっ!!!ってなります(笑)




特に最初からあるサブマシンガンの2番目のヤツ?MP11でしたっけ?


あれ一番動きが早いってのが逆効果になって、動きながら撃つと上手く敵に弾を当て続けられないことが結構あるため普通に正面から撃ち合いになると負けまくるね!



なんかサブマシンガンはラピッドファイア前提の火力になってる感が強いです。

そのラピッドファイアも、ダブルキルを3回とかいうチャレンジを消化しないと手に入らないという鬼畜仕様なのが謎!

そらみんなアサルトライフル使うわ!





そんで私の大好きなLMGはこれまた微妙(笑)

現状アサルトライフルがその精度やレートゆえ遠距離までこなせる万能武器なので、近距離ではADSの遅さとレートの低さで負けるし、中遠距離ではブレの大きさで負けてしまうという壮絶状態(笑)



LMGもラピッドファイアつけたいけど、ダブルキル3回が鬼門すぎだボケ!!

LMGアキンボは完全にネタ武器レベルだし…。







立ち回りに関しては、今のところ過去作とは全く違ったものになってますね。

今までのCODは一応解説しておくと、特有のマップの狭さなんかも起因して、味方の位置やリスポーン地点から相手のリスポーン地点や攻めてくる場所や方向を割り出して、相手の行動の先読みをしながら戦うというのがセオリーというか上級者や慣れた人たちの戦い方で、つまり読みゲーの側面がかなり強かったわけなのですが、



今作はリスポーンは結構COD:Gに近いようで急に敵が後ろに湧いたりしますし、待ち伏せをしてもブーストジャンプやドッチでエイムを狂わされることもあるだけでなく、かなり多い進入路や上方向までクリアリングする必要性など、かなり運の要素が大きく絡んできてるように感じます!



なので今まで読み合いが上手く、それによって成績が安定していた人達は苦戦しているでしょうし、逆にとにかく突っ込む派だった人達は今まで通り活躍できているような気もします。


待ち伏せできる有利地点も少ないですし、スナイパー以外の遠距離系武器が軒並み弱いことからも、製作者側はガンガンブーストを使って前に出て撃ち合え!って考えているのかもしれませんね。





チームデスマッチを何戦かしたところ、

従来通り味方の位置から大体の敵のリスポーン地点や位置が読めるので、味方と一緒に前線当たりに出て何人かキルし、やばくなったら味方のいる方に逃げる!というのが安定してデスせずに連キルを取れる方法かな?と感じました。



それかいっそ思いきって敵のリスポーン地点まで裏取りし、後ろからプスプス倒しまくるというのもリスクは高いですが連キルの一つの方法だと思いました。



味方が周りにいない状態で前線に取り残されるのが一番ヤバいですね!



クリアリングしなければいけない方向が大量にあるだけでなく、今回はブーストジャンプや横ブーストによる高機動のせいで、敵一人に手間取ることが結構起こるため、その状態で他の敵に見つかったら完全にデスが確定します。

当然これは裏取りの時も同じで、ジャンプやブーストを使われる前に素早く倒さないとエイムが狂いやすく、手間取っている間に他の敵にやられることが非常に多いです!




現状のチームデスマッチでは、味方が近くにいる状態を確認しつつ主戦場になっている場所に出向いて戦うの言うのが一番死ににくく、キルを稼ぎやすい方法じゃないかなと思います。

従来の様に一人で複数人葬るということがなかなか難しくなっているので、1人で主戦場へ突っ込んでいくと、大抵敵を捌ききれずにやられることになりますね!敵がブーストの使い方が上手かったりするとさらにキツイです!



っとまぁ11月現在の私の感想はこんな感じですわ!

まだ2時間もプレイしてないけどね(笑)




CODはプレイヤーの人口も多く、それゆえ実況者や動画投稿者も多いため、結構な数の立ち回りやセオリー解説をしてくれている素晴らしい動画が数多くあります!

まだまだ発売したてで今のところキルが安定する立ち回りが発見されていませんが、今後そういった方々の動画が出ることを待ちわびています!




はい、完全に人任せですね




まぁ私はもともとそんな腕もないし、最近ではやり込む時間もないし、そういうのは上手い人や探究心のある方々にお任せしましょう!(笑)



それでは今回はこの辺で!



おわり
スポンサーサイト

category: COD:AW

tb: --   cm: 0

COD:AW 買いました ~キャンペーン(ストーリモード)について~  

やっぱり買ってしましましたCOD:AW!!




まだ2日しかやってないのですが、取り合えずキャンペーン(ストーリーモード)はクリアしました!



そのストーリーの内容なのですが、個人的にはCOD:MW3やBO2、COD:Gに比べると結構作り込まれていて面白いと思いました!




さすがにCOD4やMW2の時のようなドハマりするほどの感動やワクワク感はありませんでしたが、それでもかなり作り込まれている感じが伝わってきましたし、面白かったのは間違いないです!

映像に関しては実写か!!って思うくらい素晴らしいですよ!





結構ボリュームもありましたね!

COD4やMW3は操作に不慣れで、なおかつ遮蔽物を使って撃ち合うなどということを全く知らなかったため死にまくりだったにも関わらず、6時間くらいで全クリできてしてしまいましたが、AWは結構サクサク進めたつもりでも2倍くらいはかかった気がしますね。


MW2はさすがに初めてのCODで初めての本格的FPSだったということもあり、さらにいきなりベテランでやってしまったということも含め、途中ものすごい鬼門となるステージのせいで2時間くらいひたすらやり直しさせられたことからも2日かかったのは覚えていますが(笑)


Gはあんまり覚えてない(笑)キャンペーンで集め物には手を付けない私がロークファイルを集めてたってことだけは覚えてます。




なんにせよ、ストーリーが3作品ぶりに結構納得できる出来であり、個人的には及第点でしたね!






ちょっと中身を解説していくと

MW3やBO2、COD:Gなどのストーリーって言うのは、前にも書いた気がしますがものすごく淡々としてるんですね。


演出は結構がんばっているようにも思えるところはあるのですが、特に展開がワクワクするわけでもなく、な~んか淡々と進んでいく…。

なんかステージごとの繋がりを感じられないというか、もうほんと淡々としているとしか言えない(笑)

まぁCOD4以前のCODシリーズの作品の動画を見ましたが、そんな感じでしたね(笑)

ってことはCOD4やMW2が異端なだけな気もしてきますが(笑)

あ、一応説明しておきますがCOD4=MW1です!

MWシリーズになってから、それ以前からのCODファンはちょっとキャンペーンが過剰演出気味で好きじゃないっていう意見を持ってる人もいるみたいです。





しかしながら、CODが大ヒットしたのはこのMWシリーズになってからの2作品がきっかけなので、MWシリーズから入ったCODファンたちはこういう過剰演出のキャンペーンが好きなんじゃないかなっておもうんですがね~。

MWシリーズとはちょっと違いますが、COD:BO(ブラックオプス)のキャンペーンもかなりドラマチックに作り込まれていて、すごく面白かったです。

特にBOという作品は伏線や謎めいた部分の作り込みがハンパなかったです!!





いろいろと制作会社の中で分裂とか主用メンバの脱退とかそういうのがあったのも原因だとは思いますが、MW3やCOD:Gになってからのストーリーの貧弱さはちょっとショックでした。

BO2もそうですけどね!かなり期待していただけにね。





上で書いた話ですが、MW3やBO2のキャンペーンはステージが一つ一つ区切られてる感がすごい。1話完結的な進み方って言うのかな?


COD4やMW2もまぁ言ってしまえば各ステージがそれぞれ区切られてるっていうか違うものなんですが、それを思わせないようにする作り方が上手なんですね!


いきなり場面が過去に飛んだり、全然違う戦場の兵士が主人公になったりと展開が目まぐるしいのですが、それがまた「戦争は1か所だけで起こっている訳ではないし、プレイヤーは戦場にいる1兵士の一人なんだ」ということを実感させてくれるワクワクさせる演出なんですね!



その中で、時には自身が最終的に戦死してしまったり、仲間がやられてしまう事もあるのですが、それがまた本気で悲しい!くやしい!


けどそれがまた記憶に残るような演出となっていて、面白い!と思わせる要素になっているんですね!

ホントに映画をプレイしているような感じです!!






しかしMW3やBO2はその演出がとても貧弱(笑)

重要なキャラクターでさえ淡々と死ぬし、特に記憶に残るような演出の死にざまでもないんですね。取り敢えずプレイヤーの感情を揺さぶるために殺しとこうみたいな感じ??(笑)

理由がよく分からず裏切る仲間もいたりするし…。

やってる方としてはC級の映画を見てるような感覚ですね。悪くはないけど、とても名作とは言えない的な??

COD:Gに関しては終わり方が????って感じでよくわからなかった(笑)





ステージの中身で言えば、なんか過去の面白かったステージ(潜入スナイパーのステージ等)のオマージュを適当にぶっこんでるようなステージもあり、これは必要なの?(笑)って思ってしまうことも結構あります。

悪いところばかりではないのですが、ちょっと期待外れ感が大きかったですね。





まぁCODのメインはマルチプレイヤーなので、近年のキャンペーンにはそれほど力を入れてないと言ってしまえばそれまでなのですが、CODはキャンペーンだけでも十分作品として面白いというイメージが定着しているシリーズだと思うので、正直こんな感じのキャンペーンだと幻滅感がすごいんですね(笑)






しかしながら今回のAWはストーリーが結構しっかり作ってあるというのはすぐわかります!

ステージはMW3以降の作品と同じように、1ステージずつで完結している作り方なのですが、それぞれのステージで山場があったりドラマがあったりするので淡々としてる感じを吹き飛ばしてくれます!

まぁどうしても一区切りずつの作りだと淡々としてる感は完全には消えませんがね(笑)



まだ発売したてなので詳しい中身については解説しませんが、気になる人はぜひプレイしてみることをオススメします!

全く面白くないってことはないと思いますよ!

ホントに実写さながらの映像にはすげぇ!って思います!




ってな感じでCODのキャンペーンについてでした!


マルチについてはこのままだと長くなりそうなので次回書きますわ!




それでは今回はこの辺で!



おわり

category: COD:AW

tb: --   cm: 0

BF4 ラッシュでの経験 ~天国と地獄~  

前回はラッシュの解説と感想的な話をしましたが、今回は私の実体験をもとに、ラッシュというルールでの体験談をお話したいと思います。




いつものごとく結構長いので心せよ!!






「天国(ボロ勝ち)」


その試合はデフォルトのマップだったと思います。



そのサーバーに参加して二戦目から、こっちのチームはものすごい強いな!って感じました。



攻撃側になったときの進行スピードがものすごく速いんですね!



結局それほど苦戦せずに最終拠点までクリアし、こちらのチームの勝ち。






試合後の成績を見ると、クランらしきプレイヤーたちが数名…。しかも上位を占めています。

中には30キル以上しているプレイヤーもおり、こやつらが勝利の立役者か!と思った記憶があります(笑)

相手にはしたくないな~って思いましたね。




で、次の試合が始まったわけなのですが、





あれ!?また攻撃側!?!?







そう、前回の試合で敵チームが負けて大量に人が抜けたために、こっちの分隊がチーム移動させられてしまったのです!



敵を確認すると、先程の上位プレイヤーたちが…。




そして攻撃側だというのに、最初の拠点で誰もLAVに乗らない!





これは地獄フラグか……なんて思いながら始めたわけなのですが






取り敢えず誰も乗らないので私がLAVに乗って突撃します。

前線で敵を数名排除していると一気に三発もロケランを喰らってしまったため、引きます。





味方がたくさんいるエリアで安全に回復を待っていると、なんとすでにMCOMに爆弾が!

私のLAVが回復する前に一つ目のMCOMが破壊されました。





そしてあれよあれよという間に二つ目にも爆弾が仕掛けられます。

敵さんも解除にきますが、工兵がいなかったためLAVに対抗できず、私が適当にMCOMあたりにぶっ放す主砲やロケットの爆発に巻き込まれて溶けて行きます(笑)







そんでまぁ、その後は地雷を踏んでLAVが壊れちゃうわけですが、特に問題も無く簡単に拠点が次々落ちて行きます。

気づけば最終拠点。

ここも問題なく突破し、余裕の勝利!!








1戦前はあれだけ好成績を残していたチームが相手にいたにもかかわらず、なぜこんなに簡単に勝利してしまったのでしょう?





理由は二つ






・ 私の所属していた分隊の分隊員さんたちが非常に優秀だったこと、なおかつ、こちらのチームにもう一つ優秀な分隊が存在したこと。



・ 敵さんのチームで強い人達は先程のクラン分隊だけで、他のプレイヤーは芋砂が多く、MCOMより後ろで戦うプレイヤーが多かったこと。



これですね!









こちらのチームはどうやらラッシュというものの動きやセオリーをよく知っている人達だったということなのでしょう!

勝利の立役者たちは、実はこちらのチームにいたのである!




まずMCOMへの進行スピードがとても速いんですね。

どこから行けば安全で楽にたどり着けるかわかっていて、なおかつそのMCOMの近くでは誰かが必ず生き残ってくれるため前線がずっと維持されてるんですね!









逆に敵チームはMCOMの後ろにいるので、こちらがあげた前線を下げられることがありませんでした。

それどころか、敵さん達はヤバいと思ってMCOMを守りに入ってきたところを返り討ちにされ、分隊は全滅。

拠点からやり直し状態です。当然MCOMの爆弾解除に間に合うはずもありません!







先程のクランは分かっている人が多いので、MCOMより前に出て防ごうとはしてくるんですが、それでも他の味方の援護がない状態ではどうしようもありません。

裏取りや挟み撃ちによって全滅し、彼らも拠点からやり直しです!







さらにこちらのチームにはもう一つ優秀な分隊があり、我々の分隊とは違う方のMCOMを速攻で鳴らしてくれていました!




いくら強い敵チームのクランでも、1分隊以下の数で一度に二つのMCOMは守れません(笑)









そして撃ち合いでは、私の分隊員に蘇生接待をしてくれるプレイヤーがいたのも個人的にかなり大きいと思いました。





そのプレイヤーは前線を上げることに貢献しながら、しっかりと安全な時に蘇生をしてくれるので、心置きなく私は突撃をして死ねるわけです(笑)





援護兵が一番活躍できる分隊は、こういう蘇生接待をしてくれる方がいる分隊だと思うんですよね。




これのおかげで積極的に前に出て囮になることもできますし、決め撃ちなども自信を持って行うことができますからね!

その方たちがしっかりと後始末までしてくれるため、撃ち負けても全然やっちまった感を感じませんでした。





私は正面から戦わざるを得ない場面では、なんとか地面の凹凸や壁なんかを使って隠れながら決め撃ちを多用し、デス覚悟で数人をまとめて相手してました。進行中はサプレッサー装備だったので裏取りキルに専念し、分隊の進軍ルートを確保。

他の分隊の方々は我々の分隊とは違った方向からMCOMを攻撃する。

この怒涛の波状攻撃が完全勝利の決め手だったのだと思います。






おかげで今度は私が40近くキルすることができ、見事MVPを取ることができました(笑)








敵さんに不運だったのは、芋砂が結構な数いたことですね…。

ラッシュではスナイパーは、場合によってはとても強いこともあるのですが、押されているときやガン攻めされている時はあまり役に立たないので使用を控えた方が良いと思いますね。






この試合ではひどい芋砂プレイヤーが相手にいて、二番目の拠点のビル上あたりから最後までずっとスナイプしてました(笑)

こちらとしてはとってもありがたかったのですがw

ガジェットは一切使用していなかったし、主な敗因は彼なんじゃないかな?(笑)




まぁそのクランの人達は最終拠点あたりで愛想をつかして?抜けちゃいましたが、そんな味方を抱えて勝利なんて到底無理ですし、抜けるのも仕方ないと思いましたね。







これがラッシュボロ勝ちで印象的だった試合です!

キルも稼ぐことができた上、MVPまでもらえちゃった(笑)






それでもある程度抵抗はされましたし、ぼろ勝ちとはいえ多少の勝負になったのは敵クランさん達のおかげだと思う。




この勝ち試合で学べたことは、やっぱりLMGがその装弾数を生かせるのはキメ撃ちと裏取り殲滅キルの瞬間であり、失礼ながら格下の相手にはものすごい効果があるということです!






「地獄その1(ボコボコ試合)」


これはこないだの出来事。




久しぶりにラッシュサーバーへ参加したのですが、運悪くその時の敵チームがとにかく強かった!!




これは味方チームが弱いとかそういうことは一部除いてあまりなく、とにかく敵チームが強すぎる為ひたすらボコボコにされたというだけのゲームでした(笑)





敵さん達はとにかく猛者揃いで、ラッシュのセオリーや勝ち筋を知っているだけでなく、エイムの正確さや決め撃ちの精度が尋常ではありませんでした…。

まるでクランと戦っているような感じでしたね~。







角待ちをしたところで、敵さん達はほぼ全員が決め撃ちしながら進入してくるため逆にやられてしまいます(笑)





さらに優秀な性能のアサルトライフルやカービンなどを使い、ガチで狩りに来るので近距離仕様のLMGでは全くと言っていいほど太刀打ちできませんでした。







それでもなんとかサプ付MG4で打開策を探ってはいたのですが、やっぱり特化武器を使う猛者には適いませんね~!




結局サプLMGを使って裏取り大量キルなんかを狙える相手というのは、自分より格下のプレイヤーだけなんですね!




上手い人は発砲音と味方のドクロマークからサプ使用しているプレイヤーの位置を割り出し、AEKなんかを使って正面から戦いを挑んできますからサプの効果を実感できないんですね!

LMGは最高レートが800なので、AEKなんかのハイレート武器で正面から戦いを挑まれるとかなりキツイです。

だからこそサプレッサーで裏取りや横を突く動きをする必要があるのに、それをさせてくれない(泣)

反応スピードがすごいため、本当に最少弾数で次々キルしていかないとそれこそ全員倒しきれず、返り討ちです。






流石にマップによっては相手の不意をつけることもありますし、30キル近く稼げたりすることもありましたが、どのマップでも毎回出来る訳ではありませんし、むしろ無理なマップの方が多いですね!

勝てたのは主に防衛側の時だけでした。






一緒の分隊にいた人達ももかなり強い方でしたし、味方も一部を除いてかなりがんばってはいたのですが、やっぱり敵チームが強すぎました!

あまりにも敗戦が続くので、味方が続々と萎え抜けしていく始末(笑)

それだけボコボコだったということです…。

なのにずっとチーム移動は起きない…。負け続けてろってことか!!??






前回も言いましたが、コンクエストと違い、ラッシュはある程度強い人がこちらのチームにいても、敵がそれを上回る戦力だと全くと言っていいほど勝てません!

速攻をかけられたり、ガチガチに固められたりすると、マップの微妙な狭さも相まって全く勝ちが見えなくなります!








主な敗因???

敵チームが強すぎたから!!!!それだけや!!!!!!








こっちのチームも善戦はしていましたし、セオリーを知っている者同士の戦いだったので、これは単純に戦略やプレイヤーたちのエイム力などを含めて実力差がものすごく出てしまったというだけですね。






一部芋LAVをしてた仲間だけは最悪だったけどな!(笑)







しかしながら、前述したボロ勝ち試合より、こういうボロボロの負け試合から学ぶことの方がたくさんあるんですよね!

それを再確認しました(笑)



敵がガチで強く、強武器などを惜しみなく使ってくる時というのは、LMGは高威力系を使うことで対等に戦える可能性があるということも再認識できましたね!

これは次回詳しく記事にしたいと思います。




やはり敵さんの使う武器の得意距離よりさらに遠い位置からキルを狙えるというのが、LMGではとても重要だと感じます。


敵が強ければ強いほどね!





「地獄その2(味方芋兵器)」


これはだいぶ前のお話。

大型アップデートが入るかなり前の試合だったとおもいますが、いまだに印象に残っています!

この試合で芋兵器乗りの味方に幻滅してしばらくラッシュをやらなくなりました(笑)






その時はこちらが攻撃側だったのですが、たしかマップはランカンダムだったはず。


第一拠点はかなりスムーズに突破できたため、これは勝ちフラグか!ってワクワクしていたのですが





何故か第二拠点になってから全然前線が上がらない!

コンクエストだとB拠点にあたる建物の中にMCOMが置いてあるのだが、全く入ることができない!

ヘリを使って侵入を試みるが、異常な数のスティンガーが飛んでくるし、なんとか近づいて飛び降りても屋根では敵兵が守りをがっちり固めている。





なぜだ……なにかがおかしい…。






よく見ると味方の戦車が山側?ダム側?って言ったらいいのかな?あの凸凹してる地形の辺り、海側とは真逆の辺りで芋っているではないか!!!




確かにあの辺りは敵のジャベリンのロックを切りやすかったり、ロケランをよけやすかったりするポイントなんですが、ラッシュでそこにたて籠るのは悪手です!

そこでは前線が全然上がりません。

前線が上がらないとそもそもB拠点の建物内に侵入することがとても難しいです!

第二拠点は裏を取るのが難しい状況が多いので、正面突破をせざる得ないことも多々あります。







芋戦車はたまに出てきて顔を出すのですが、当然そこに戦車が潜んでいることを敵兵は知っているので、出て来た瞬間にロケランを撃たれまくる(笑)

んで芋タンクは1発2発くらったらすぐに引っ込んでしまう。

主砲を撃ちながら後退して1人2人倒すことはあるものの、ラッシュというルールの戦車でそれではあまり役に立っているとは言いにくいですね。






たぶん敵兵はその近くにビーコンを置いてあるのでしょう。やられてもすぐに近くから湧いてきますし、3人くらいで完全に芋タンクを引きつけてしまっていました。

だから他の手が空いた工兵はスティンガーを持つことができ、厄介な輸送ヘリを一瞬で落とすことができたわけですね。





戦車の援護をしようにも山側の凸凹したエリアは結構建物から遠いので、建物の壁に隠れながら戦ってくる歩兵を銃で倒すのは時間がかかってしまいます!

しかもこっちの戦車はチキンなので、敵のLAVがその辺りを我が物顔でうろついており、歩兵で前に出るとぶっ殺されます(笑)




ってかそのLAVこっちの兵器じゃね!!!!?




山側はまさに歩兵にとっての地獄!!

もうどうしようもない(笑)






さらに、他の歩兵が海側からの侵入を試みても、そこに敵の戦車と歩兵がガッツリ守りを固めているので一切近づけないという状況です。

敵の戦車乗りがかなり上手い操縦士だったらしく、工兵で何回かダメージを与えても上手いこと逃げられて仕留めきれない!

修理奴隷も付いてるし…。





さらに敵の歩兵がまた曲者ぞろいで、大回りをしながらこちらの前線の裏を取ってくるので、悠長にロケランをぶっ放しているとその隙に横や裏から撃たれてやられてしまうんですね。

その歩兵を抑えるためにこちらも外側に展開せざるを得ないのですが、海側に目標はないですし、単純にMCOMから遠ざけられていることになります。

で、歩兵に気を取られているといつの間にかスポットされており、気づいた戦車が主砲をぶち込んできます(笑)







この試合、第一拠点は速攻で落とせるくらい味方は結構優秀だったので、兵器乗りが芋らず玉砕覚悟で敵タンクと戦ってくれればまだ侵入のチャンスはあったはずなんですよね…。




敵の戦車は有利地点を出たり隠れたりしながら、味方と一緒に我々歩兵の相手をするだけだったので、最高に楽な試合だったでしょうね~(笑)




まぁ味方の芋タンクはちまちまキルしてたので、成績だけ見るとそれほど悪くはないのですが、ラッシュはキルデス比やスコアだけで活躍できているとは言えません!!

特に兵器使いは前線突破のきっかけを作るなどの行動をしてくれないのであれば、キルレだけ高くてもそれほど意味ないと思います。








その芋タンク使いは「おいおい味方オレが敵引きつけてやってんだからちゃんと前線上げろよ~!」とか思ってそうですが、あなた全くと言っていいほど役に立ってませんから!!!




むしろあなたが敗北の主な原因だよ!!!








結論:ラッシュでは兵器の運用は計画的に!








どうでしたでしょうか?この私の経験談は。



FPSというゲームはエイム力や戦略もそうですが、経験則やある程度のセオリーというのがかなり大事なものになっています。

オンラインで生身の人間と戦っているのですから当然ですね!




上手く出し抜いた者が勝つのです!




なにか参考になるところがあれば幸いです。








総論?:勝ち試合もいいけど、負け試合から学ぶことは多い!!
   
   BFは負け続けていてもチーム替えが全然起こらない(特にラッシュ)ので、チームバランスがクソ!!!






それでは今回はこの辺で!



おわり

category: BF4 立ち回り

tb: --   cm: 0

BF4 ラッシュというルール ~戦場は地獄だぜ!~  

お久しぶりです。弾幕スキー邪鬼男です。


先週は完全に更新をサボっておりました。三連休だったのにね!!


記事書くの疲れるんや!!






さて、最近BFに関してはひたすらコンクエストをやることにも飽きてきたのでラッシュをちょくちょくやってます。






PS3時代はBF3の頃を含め結構好きなルールだったラッシュですが、PS4になってからはコンクエストが大人数で非常に面白いためあんまりやらなくなっていました。




BF3の頃は、装備と慣れ次第で航空機が歩兵さえバンバンに狩れるくらい兵器のバランスが悪く、猛威を奮っていたということもあり、エースパイロットが一人いるだけでかなり一方的な試合になることも多く、コンクエストあんまりおもんないわ~って思ってラッシュばかりやってた記憶があります(笑)


航空機や兵器が出ないマップばっかりやったりしてましたね!







逆にラッシュはなぜかBF4に比べて激熱な試合になることも結構多く、かなり面白かった記憶があります。

私のリアルフレンドさんも、以前一緒に遊んでいる時に、「BF4はBF3みたいな激熱なラッシュが全然無いな~」ってぼやいていたので、私だけの意見ではないと思います(笑)





BF4になってからは兵器同士のバランスが結構良くなったと感じますし、マップの構造的にも「兵器が入れないけど拠点は取れる」みたいな場所も多く、歩兵戦主体の戦闘区域と工兵などと兵器の戦いが起こる区域がかなり分かりやすく分かれているということもあり、コンクエストに重きを置いて制作されているだろうな~って強く感じることがありますね~。







今作になってからはルールやマップの広さ、人数の関係からもコンクエストの方が大量キル最少デスなんかも狙いやすく、またガンガンに責められていても自分だけ好成績残せるみたいなこともあるため、その感覚でラッシュをやるとなんだかパッとしない成績だな~って感じてしまう事が多かったんですね。


なのであまりやらなくなってしまったラッシュですが、ある実況者がラッシュが好きなようでよくラッシュのことを口にするので、コンクエストに飽きが来ていたということもあり、またしてもこの弾幕スキー、ラッシュはじめました!






しかしこのルールはすごいね!


大抵の試合がひたすらボコボコにして敵が大量に萎えオチするか、ひたすらボコボコにされて味方が続々と萎えオチしていくかのどちらかだからね(笑)



戦場は地獄だということを思い知らせてくれるルールであります!(笑)







さて、そのラッシュについてなのですが、このルールにはものすごく重要な行動ともいえるものがあり、これを分かっている味方が少ないチームが負けます。

そしてひどい時は試合が終わるまでぼこぼこにされ続ける地獄状態に陥ります。








この地獄状態はコンクエストとは比にならないくらい辛いです(笑)

なんせコンクエストの様に裏取りから旗を奪取してポイントを稼いだり、そっから敵軍の裏をついて一気にキルを稼いだりっていうことが一切できないわけですからね…。






一部の猛者はそれでもキルを稼いだりできるようですが、それでも勝利に絡むことは全くできません。

負けが確定していくのを試合終了まで指をくわえてみてるだけです(笑)








で、その重要な動きなんですが、これは攻撃側防御側で同じです。


とても簡単なことなのですが、分かってないのか知っててやらないのか、チームを負けに導く悪魔が味方に結構いることも多いですね(笑)







ラッシュにおいて重要なこと、それは前線を上げ、それを維持することです!!









攻撃側は前線を上げないとMCOMに爆弾を仕掛けることさえままならないので、まぁ当然のことですね。

攻撃側で自陣やその辺りから動かないスナイパーがたくさんいた場合、ほぼ負けが確定します(笑)









しかし防衛側も前線を上げてなんぼなんです!

よくMCOMの後ろあたりに陣取っている防衛チームを目にしますが、あえてそのような戦法を取っている弁えたチームは別として、パンピーがそれをやってしまうと、攻撃側にガンガン前線を上げられてその内ジリ貧になり、最終的にはMCOMへの侵入を許してしまいます。



まぁMCOMがかなり前の方にあるマップもあるので一概には言えませんが、なるべく前の方で攻撃側の前線を抑えながらチケットを減らしていくのが防衛側の賢い戦い方だと思います。

だからと言って防衛側が調子こいて全員で前線を上げてしまうと簡単に裏を取られて一気に崩されるので、前に出過ぎるのも良くないですけどね(笑)




何人かでMCOM周辺を見張り裏取りを防止しながら、複数のチームで前線を上げ攻撃側を押し戻すというのが防衛側の必勝パターンです!

防衛側はチケットが無限という利点があるわけですから、なるべく分隊全滅を避け、前線を維持し続けるだけで相当有利なんですね。







なんにせよ、ラッシュでは前線を上げるという行為がとても重要になってきます!

これからラッシュをやってみようと思っている人がいれば、これを意識してやってみて欲しいですね!味方からすれば前線を維持してくれるチーム員がいるだけでこれほどありがたいことはないですから!











では攻撃側防衛側両者に分かっているプレイヤーが多く、前線の上げ合いになるとどうなるでしょう?



当然ですが、攻撃側がかなり不利になります。

チケットが無くなった時点で攻撃側の負けなわけですから、ガチンコで潰しあいに発展してしまえばチケット無限の防衛側が有利なのは明白です。



さらに防衛側は待ち伏せをしていればいいわけですから、ガチンコで勝負しても有利地点を先に確保できる防衛側が一方的に攻撃側のチケットを削ることができる可能性も高く、ますます攻撃側が不利ですね。








ラッシュというルールで、こういった攻撃側不利の膠着状態を打破するための手段が、兵器です!






ラッシュは兵器ゲー!!

とか言われることがあるくらい、ラッシュでの乗り物はものすごく重要なウェイトを占めています。






ラッシュでの兵器、特に攻撃側の兵器は敵の固い守りを打破するために非常に重要な手段の一つになります!

膠着した前線に戦車やLAVで突っ込んでいき、待ち伏せしている敵兵たちをなぎ倒し、あるいは敵の前線を下げさせることで、膠着状態が一気に解消されます。

こうすることでMCOMに爆弾を仕掛けるスキが生まれる訳ですね!






「仕掛ける前のスキ」を作るだけではありません。

たとえば、EODボッドなんかを使って上手く敵に見つからずMCOMに爆弾を仕掛けることができた場面なんかでも、兵器が前に出てくれるかどうかというはとても重要です!




EODボッドでの爆弾設置などというのは、付け焼刃的な戦法なので、たいてい完全に防衛側に固められている時という状態でなんとか成功したって場合が多いです。

なので設置しても大抵そのMCOM周辺に味方はおらず、すぐ解除されてしまいます。





そんな時、MCOMが鳴り出したら兵器乗りが玉砕覚悟で前に詰めてくれると、敵が爆弾を解除することに手間取り、そのまま破壊することができることもあります。

上手い人ほど無駄なデスをしたがらないので、兵器に対する手段が無かったりすると解除ができなくなるんですね!





もうお分かりだとは思いますが、兵器と歩兵が上手く連携を取ってこそMCOMへ爆弾を仕掛けることができるので、兵器が前に出ても歩兵がついて来なければ無駄な徒労で終わってしまいます…。

だからこそ、全員で前線を上げ続けるというのがとても重要なんですね!



兵器が頑張っていたら、一緒についていってあげましょう。

二番席に乗れたなら、スキをみて降りて爆弾を仕掛けましょう!







そんな重要な兵器ですから、コンクエストなど他のルール以上に乗る人の腕が試されることになります。

もし自信があまりないのならば、ラッシュではあまり地上兵器には乗らない方が良いかもしれません…。






コンクエストなどでは、基本的に戦車やLAVのような地上兵器は味方前線から一歩引いた遠めの位置から敵歩兵を狩り、味方の進軍を助けるというのがある種のセオリーです!


これをされると敵は戦車等地上兵器を気にしつつも歩兵と戦わなければならず、ロケランを撃とうにも遠くにいる為狙うのが難しい上、大抵そういう兵器乗りは1、2発喰らったら下がって逃げてしまうためかなり苦しい戦いになります。

この、1、2発喰らったら逃げるというのは、兵器乗りとしてとても大切な動きなんですね!

引くときは引くってヤツです!!




しかしこの戦法は私を含めヘタクソがやってしまうと、ただのチキン戦法となってしまいます。

コンクエストならばまだこの戦法でも活躍出来ますが、ラッシュでこれをやってしまうと味方の前線が全然上がらないことになってしまいます!

芋兵器と同類とみなされてしまいますね。





ラッシュで芋兵器をしてしまい、前線を全く上げられないというのはチームにとって最悪です。

かと言ってひたすら突っ込んですぐ壊されているようじゃ、それこそ囮にもならないクソ兵器です。





この加減が非常に難しいと感じますね~。

少なくともコンクエストなどとは違い、時には先陣を切って敵の前線へ切込み、厄介な位置にいる敵兵を排除しながら、敵の注意を引きつけ自ら囮にもなる必要があります。



ラッシュでの兵器は、敵の前線を崩すきっかけをなんとか作り出さなければならないことが多いです!

その上で長く生き残ることが理想ですね!





こんな重要な兵器ですから、もちろん敵にプレゼントしてしまえばそれだけで負けが確定してしまうことだってあります。


そんなことをすれば味方からスパイ認定され、暴言を吐かれてしまっても仕方ないでしょう(笑)



ここまで兵器の解説をしたのでいう必要はないかもしれませんが、兵器が重要ということはそれを破壊する工兵がラッシュではとても重要な兵科になります。

また、敵の兵器を迎え撃つこちら側の兵器もものすごい重要になってきます。

ラッシュでは工兵が少なく、弾を出さない援護兵やスナイパー持ち偵察兵が多いチームが圧倒的不利になります。



そして敵の兵器を相手にしようとしないプレイヤーや兵器で芋るプレイヤーが乗り物に乗ってしまうとそれだけで地獄まっしぐらになる可能性があります(笑)



自分の分隊やチーム全体の雰囲気を読み取って、適宜兵科を変えたり乗り物に乗ったりする臨機応変さも結構重要になってくるルールなんですね!









ってな感じでラッシュの感想、解説でした!




ラッシュは敵味方含めて全員空気スコアで終わることもあるくらい、面白い時とそうでない時の差がすごいね(笑)


しかしながら、コンクエストよりも小さいマップで、さらに敵が同じ方向を向いていることが多いから、裏取りからの大量キルが結構成功するんですよね~!

これがかなり楽しい!



最近はサプレッサー付きMG4にハマってたということもあり、指切りもせず近距離で後ろからバリバリフルオートで撃ちまくり一網打尽にする強さを実感しました!!

改めてLMGは裏取り大量殺戮が一番輝くということを認識しましたね!




そんなこんなでラッシュをプレイしていたら、またしてもいろいろとLMGについて再確認できたことがあったので、また次の機会にそのことを記事にしましょうかね!





では今回はこの辺で!




おわり

category: BF4

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

LMG弾幕カウント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。