FC2ブログ
FPSとLMGと日常 ~週末ゲーマー奮闘記~ ホーム »2014年09月
2014年09月の記事一覧

BF4 援護兵とフィールドアップグレード ~防御態勢強し!~  

前回の記事で書いた通り、愛銃が変わったのを機にいろいろと今までとは違うことを試している弾幕スキー邪鬼男ですが、今まで全く変えてなかったフィールドアップグレードも変えてみました。




ちなみに今まではずっと「周囲警戒」を付けていました。


やっぱりその兵科固有のフィールドアップグレードなんだから、制作側もその兵科が強くなるように作ってあるだろうと思ってましたし、初期のものよりあとから解除されるものの方が強いでしょ!っていう根拠のない勝手な考えもありました(笑)





しかしながら、間接射撃にしろ周囲警戒にしろ、なんていうか……あんまり必要ないっていうか…死んでる技能があるんですよね…。










…………。











そうですよ!!「弾薬」さん!!!
貴様ですよ!!!!








弾の携行弾数が50%上昇しても、援護兵は自分で補給できるんだから意味ないじゃん!!!



拡張マガジン的な効果で、装弾数が増えるとかだったら最高だったけどさ!



まぁ中には弾薬バッグや弾薬箱持たない援護兵もいると思うので、そういう人には使える技能なのかもしれないけど、そもそも援護兵で弾薬系のガジェット持たない時点でねぇ…。


はっきり言って援護兵としての役割の7割以上を果たせていないとしか思えません。

私は、っというかほとんどの援護兵使いは必ず弾薬系ガジェットは持つのではっきり言って死に技能なんですよね。









まぁ「弾薬」という技能のみならず、他の技能も結構微妙だな…ってのが多いと感じます。



以下に私の考えをつらつらと









「間接射撃」


 1.弾薬バックアップグレード
   これは結構いい技能ですね!ロッカーやメトロでグレネード合戦なんかになった時、二つ弾薬バッグを展開すれば強力な初期グレネードを素早く補給でき、ガンガン投げまくれます!
   しかしまぁなかなか消えない弾薬バッグが敵に使われてしまう可能性がデカくなりますけどね・・。

 
 



 2.弾薬
   援護兵には不要で死に技能…。







 3.間接射撃
   迫撃砲の携行弾数がアップするのは結構いいですね!リロードがクソ遅いため、あと一発で大量にキルできそうだったのに!!!ってのが少なくなりますし。


   でも迫撃砲が活躍してくれる場面って少ないですよね(笑)


   そもそも援護兵は弾薬系ガジェットで枠が一つ潰れている分、もう一つのガジェット枠はマップや状況などでしっかり考えて選ぶ必要があり、そうなると迫撃砲を選ぶ場面は必然的に少なくなりますし、そうなるとこの技能が活躍する機会もね…。



   XM25に関しては、これも弾薬と一緒ですね。自分で補給できますし、大抵使う場面も弾薬バッグ置きつつみたいな状況ばかりですから、あまり恩恵は感じられません。






 4.補給部隊
   これ普通にやってたら全然活躍する機会ない技能だよね!!!医療部隊なんかもそうだけどさ(笑)
   乗り物もってきて味方の補給や回復を行うより、弾薬バッグや医療バック撒いた方が早いでしょ!!!



   ただね、この技能、スティンガー持ちの工兵が乗った偵察ヘリと組み合わせるとものすごく強いね!!


   工兵はずっとスティンガーを補給し続けられるわけですし、敵の航空機とガチンコで戦って負ける要素が無くなります(笑)


   私の様にフレンドがいないプレイヤーでなければ、ぜひ偵察ヘリはこの技能持った援護兵をパイロットにして、工兵を乗っけて戦って欲しいですね!








「周囲警戒」
 


1.弾薬
   援護兵には(ry




 2.制圧射撃
   私はこれ目当てでずっと周囲警戒にしてました!!

   やっぱり援護兵と言えばLMG!LMGと言えば制圧射撃、その制圧射撃の効果アップとかマジ最高やん!!!って考えてましたね。



   実際これ使ってて中距離以遠で撃ち合うとかなり効果を実感できます。敵がエイムに手間取っているのが目に見えてわかります。
   


   しかし先に制圧効果を喰らってしまった場合は、LMG特有の大きな反動でこちらもしんどい状況でどっこいどっこいな感じですし、今作は近距離だと制圧効果が発動してくれないせいなどもあって、状況次第ではこの技能が一気に死に技能に…。
   



   さらにいえば、TDMやドミネはもちろんのこと、コンクエストなどでも防御態勢は優秀なので結構なプレイヤーが付けているというのもあり、当然そうなると「カバー」を使われてしまいます。


   ほかの兵科の固有技能の中にも「カバー」という技能があるせいもあり、「カバー」を相手が付けていると相殺されてしまって微妙な技能となってしまいます。


   撃ち合いではもちろんこっちは普通に制圧効果を与えられ、反動制御が難しいLMGでは辛い思いをすることになります(笑)
   




   そもそも負けチームや残念分隊に属してしまった場合、レベル2まで達するだけでも大変ですからね…。
   




   ってか、援護兵=LMGの強みともいえるこの技能がレベル2で、弾薬とかいうのがレベル1なのがよくわからん!(笑)


   制作側もっと考えろよ!!!(笑)








 3.クレイモア
   これは強いですね!!
   クレイモア3つも置けるなんてすばらしい!
   強い!!
   

   でもクレイモア使わないシーンやマップなら当然意味ない技能ですし、フィールドアップグレードをレベル3まで上げること自体が大変な試合もありますからね…。
   


   普通さ、制圧射撃がレベル1でクレイモアがレベル2やろ制作側もっと(ry








 4.MP-APS アップグレード
   このガジェットが使われることほとんどないじゃん!!!!!
   

   それだけ













どうですか???この独断と偏見に満ちた私の考察は!!!!



でもあながち間違ってないでしょ?

特に「弾薬」に関しては納得いかねー!!!っていう意見結構見ますしね(笑)






はっきり言って援護兵はフィールドアップグレードさえ制作側に適当に作られてる感がハンパありません!


そんなに援護兵嫌いなのかDICE、EA!!









まぁ一部の局面ではかなり活躍してくれる技能もありますが、万能ではないです。




じゃあ結局何がいいのか?


「攻撃態勢」ダッシュが強力で、敵の弾を華麗にかわすことが出来る可能性が高くなりますが、それはマップにもよりますし、それ以外の「弾薬」「グレネード」「落下ダメージ軽減」が援護兵には微妙なので×


「シャドウ」も使う場面がそれほど多くないですし、一部援護兵には微妙な技能があります。





っとなると「防御態勢」やろ!!ってなったわけなんですね!











で、実際つけてみるとこれがメッチャクチャ強いんですよ!!!!





まずレベル1の時点で「アーマー」が発動しているため、近距離戦闘での勝率がものすごく上がりました!


しかも私の愛銃はM240Bなので近距離ワンチャンある武器です。相性がものすごくいいんですね!


とにかくFPSというゲームでは、キルされる弾の数が一発分多くなるってだけでものすごく生存率が上がります!



そのためアーマーを付けるとヘタなカービンなんかには正面からでも撃ち合い負けませんよ!!(笑)

あと凸砂で至近距離胴撃ちされてしまっても一発で死ななくなるので、これもでかい!
凸砂を涙目にすることが出来ます(笑)






レベル2の「カバー」
こいつもLMG使いにはかなりうれしい効果です!


敵の制圧効果が減少するので、制圧効果を受けていない通常時とそれほど変わらず撃ち合いをすることができます。


私の愛銃M240Bは中遠距離でも強いのですが、反動ゆえ制圧効果を喰らうとシンドイので、変にサイトを揺らされ無くなることはものすごい重要です。


やっぱりなるべく反動を小さくするカスタムと同じように、制圧効果をアップさせるより、こっちが喰らう制圧効果を下げた方がBF4では良いようですね!




レベル3の「フラック」
これもLMG使いにはうれしい!


単純に爆発物に耐えるだけでもかなり強いですが、LMGは有利ポジションに位置どって撃ち合いすることが望ましい武器なので、フラグなどでその有利ポジションから追い出されたり、飛ばされたりされると非常に厄介です。


そのダメージを減らしてくれるのはデカい!!


フラグを投げるスキだらけの敵をハチの巣にしてやるだけですww






レベル4「クイック回復」
これも地味に良い技能ですね。
咄嗟の近距離戦で撃ち勝った時など、LMGは結構痛い反撃をもらっている状況が結構あります。
まぁアサルトライフルなんかでも正面からの撃ち合いでは多少ダメージをもらいますし、当然ですね。


そんなとき援護兵だと自分で回復が出来ないため、せっかく弾がいっぱいあっても連続した戦闘が出来ないですし、そのまま連続戦闘になってしまうとやられてしまいがちです。



しかしこのクイック回復のおかげで、結構早い段階で前線に復帰したり、多少の時間隠れてたおかげで次の敵の追撃にも耐えられた!っていうことが結構多いです。






ってな感じで、「防御態勢」は死に技能が一つも無く、私のような味方の後ろから援護スタイルLMG使いにはとっても嬉しい技能ばかりなんですね!


近距離での勝率が目に見えて上がったことと、中遠距離の撃ち合いでキルに安定感が出てきたことが非常に大きいです!!


しかもそれがフィールドアップグレードレベル1と2で使えてしまうというのも大きい!!





最近はもっぱら「防御態勢」をずっと使っております。
どうもこのフィールドアップグレードは援護兵のためにあるような気がしてなりません(笑)





やっぱりBFは初期からあるものが使いやすくなっているんですね~。




取り敢えず迷ったら「防御態勢」!

これくらいの感覚でも使えちゃう素晴らしいフィールドアップグレードだと思います!



後衛型のプレイスタイルな方々、一度使ってみてはどうでしょう?

まぁみんな使ってるか(笑)




それでは今回はここまで!




おわり




「防御態勢」が強いってことを書くためだけにこの長さ…w
どうしても長文になってしまうのは治らんな~。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: BF4

tb: --   cm: 4

BF4 ショーティが化け始めた!!  

最近愛銃が変わったのを機に、サブウェポンやフィールドアップグレードなんかもいろいろ変えてみたりしている弾幕スキー邪鬼男です。



サブウェポンはずっとコンパクト45でしたが、ドラゴンズティースの追加銃であるデザートイーグルをがんばって解除したので、最近はそれを使っていました。




しかし私はLMG使用者なので、連戦において弾が無くなりハンドガンに持ち替えて戦う!っていうシーンがほとんどないんですよね(笑)
援護兵だから弾が無くなることもないし…。

おかげでハンドガンの解除はほとんど進んでません!アタッチメントも全然解除されない…。
PS4発売時は、ハンドガンショートカットキットとDMRショートカットキットが無料だったので、それダウンロードしました(笑)
自力だと今やっとコンパクト45解除くらいですかね~?(白目)









実際の試合内でも、正直ハンドガンが輝く瞬間って私の立ち回りだとほとんどないんですね!
結構距離を取って姑息に戦いますし、近距離だから遭遇戦に備えてハンドガンで立ち回ろう!って場面が全然無いんですよね~。






一時期近距離は意識してハンドガンに持ち替えていた時期もありましたが、やはり高威力ハンドガンやハイレートハンドガンを使っても敵と正面からカチ合ってしまうとかなりキツイものがあり、敵と同時に撃ち合いになるとたいてい負けてました。
まぁレートの関係で当たり前のことですけどね。
高威力ハンドガンを使っていて、相手の反応が遅れたり、何発か外してくれたりすれば勝てますけど!






さらに私の好んで使うLMGはMG4だったりM240Bだったりと、安定を捨てて近距離ワンチャンがあるものばかりなのでハンドガンに持ち替えるより、LMGぶっ放した方が連戦にも対応できたりと、なにかと都合がいいんですね(笑)







さすがにRPK-12なんかを使っていたころはかなり意識してハンドガンに持ち替えてましたけどね!!正直低レート並ダメージのLMGで近距離はぶっぱしてもワンチャンなどありませんから(笑)

室内で待ち伏せしている状態でも、敵に位置バレしていると飛び込んで入ってきた高レート銃使いに普通にやられるくらいですからね…。

そんな時はハンドガンで待ち伏せると意外と勝てるんですね!



ただ今度はハンドガン持った状態で微妙に離れた近距離で敵と遭遇してしまった時が困るんですがね…。







まぁハンドガンは近距離だから持ち替えればLMGに比べて超有利になる!というわけでもなく、私との相性が微妙過ぎて全然使ってなかったわけなのですが、最近ショットガンを使っていろいろとその強さに気付いたというのもあり、サブの枠はショーティをまた持ち始めました。






こないだまでは苦労して解除したデザートイーグルが強いな~って思って使ってましたが、こいつも結局至近距離~近距離で絶対的な強さを持つわけではないですし、結構離れた相手も撃ちぬける強さはありますが、それならLMGで乱射した方が良いわ!って感じで、他のハンドガンのもつ印象と結局そこまで変わりませんでした。
正直コンパクト45とどっこいどっこいでしたね。

偵察兵とかほかの兵科を使っているとかなり強さを感じれるんですがね~。






ショーティはサブウェポンなのにショットガンということで、最初かなり期待していましたが、発射されるペレットの数がとても少ないからかエイムがあっていて近距離なのになぜかカスあたりさえしないこともあり、装弾数の少なさも相まって、後ろから撃っても当たらず振り向かれて負ける等、


「今のなんで倒せんのや!!!だったら持ち替えずにLMG使ってた方がよかったわ!!」


ってなるくらい信頼性がなさすぎてすぐに使うのを辞めた経緯があります。




装弾数も3発しかない上に、撃ち切ってしまうとリロードが絶望的に遅いということもありますし、だったら一発で敵を倒さなアカン武器のはずなのにこの意味不明な撃ち漏らしはクソ過ぎる!!!
って思った人も結構いるんじゃないかな?(笑)







しかしながら、最近ショーティのアタッチメントを見てみたら、いつの間にかフルチョークバレルが解除されており、そうえばショットガンってフルチョークで世界が変わるんやったな~ってことを思い出したため、もう一回使ってみるかってなったんですね!

まぁどうせそこまでサブウェポンに持ち替えることもないし、どのみち使わないなら装備だけでもしとくかレベルだったんですがね。




それで使ってみると………フム、信頼性が若干向上している(笑)

未だになぜかちゃんと当たらないことはあるものの、結構な距離まで一撃で倒せることが明らかに増えてるし、至近距離でも結構勝てるようになってる。


やっぱフルチョークは強いな~けどまぁメインウェポンのショットガンみたいに特筆して強くなったわけでもないかな~ってのが最初の感想。









その後、なんやかんや使う機会があり、やっと30キルを達成し、ゴーストリングが解除され、そこではじめてADSできるようになったわけなのですが、これでかなり世界が変わりました!!!



ADSできるようになるとかなりの確率で敵を一撃で葬り去ることが出来るようになるんですね!!



さらに、ショーティはメインウェポンのショットガンと比べてもレートが早いということもあり結構連射が効くため、ADSして連射すれば相当強いんです!!!










LMGの弱点として、敵がどこにいるかわからない状態での戦いというものがあります。

ADSの遅さと、移動撃ちがガバガバなこと、近距離での弱さゆえ、真正面からの遭遇戦は近距離だろうが中距離だろうが苦手なんですね。






そんな時にこのショーティならば遭遇戦での強さが光りますから、安心して突っ込むことが出来るんですね!


拠点奪取中など、室内に逃げ込んでの待ち伏せにもかなりの効果を発揮してくれます!!





いや~正直こんなに化けるとは思わなんだ(笑)



いろいろ調べてみると、「ショーティはフルチョークとサイト類が解除されてからが本領発揮だ!」というような情報も結構ありますので、私の使用感はある程度いろんな方々に共通の認識と思っていただいて間違いないんじゃないかなと思います。



まぁゴーストリングが解除されるまでが結構キツイんですがね!いやフルチョーク解除まででもかなりキツイな(笑)




ってなことで、ショーティはアタッチメント次第でかなり化けるサブウェポンですので、近距離の火力に困っている方や今までその信頼性の無さで敬遠していた人などは、私のように一度ゴーストリングが出るまで使ってみては如何でしょうか?



凸砂やLMG、低レート並威力の銃なんかとかなり相性がいいと思いますね!



弱点としては水中だとなにもできなくなってしまうこと…。
ナバルストライクマップなど、泳ぐことが多いマップではM1911やコンパクト45、デザートイーグルに持ち替えるのが吉かな~。





それでは今回はこの辺で!



おわり

category: BF4 LMG

tb: --   cm: 0

BF4 M249とMG4 違いと選ぶ基準的なもの ~今更解説!?~  

今回はM249とMG4、どっちがいいか悩んでここにたどり着いた方向けの記事です。



スペックだけ見ると全く違いはない両者。


まぁ使ってみても違いはブレだけです。
見た目や音の好みだけでどっちか選んでる人もいますね!



しかし個人的に、全然違いが分からんってことで見た目や音だけで選んでる人はまだまだ使いこみが足りないと思います。
実際使ってみると全然扱いやすさが違いますので、アタッチメントなんかも変わってきます。





この辺のことを詳しく解説しようかな~?





って思いましたが、こんな素晴らしい動画を見つけましたので貼っておきます(笑)







もうね、M249とMG4に関して、ボクの言いたいことが全部この動画で解説されてしまっています(笑)


最後は実銃のスペックなんかも解説されているので、僕なんかが出る幕ではありません…。



プレイもすごい上手いし、ホントに素晴らしい動画です!!






けどまぁ補足的なまとめだけさせてもらいますね。



 M249とMG4、違いは左右ブレか右上ブレかです。(M249が左右ブレ、MG4が右上ブレです)

 そのため、アタッチメントの選び方も変わってきます。
 





○ M249○
  動画の「中の人」も解説されてますが、M249は左に寄り気味の左右リコイルで、結構激しく揺れるため、中遠距離ではそれが原因で弾が当たらないことが結構体感で感じますので、コンペンセイターがおすすめです。


  コンペンセイターを付けると、上左右ともにブレが0.4を大きく下回りますので、相当扱いやすくなり、交戦距離も結果的に伸びることになります。

  逆にMG4はマズルブレーキやコンペンセイターをつけても、上か右のブレが0.4を下回ることはないので、反動制御カスタムを考えているなら、M249が向いていますね!
 


  グリップはスタビー/ポテト一択でいいでしょう。


 

 
 
  ちなみにコンペンセイターをつけたM249はついこないだまで私の愛銃でした!
  はい、どうでもいいですね。



 
  M249はMG4に比べて縦反動がある程度低いのでバースト撃ちなどを考えず、レート800のフルオートトリガーハッピーをするにはこっちの方が向いていると思います。
 

  徐々に上がっていく上反動を定期的に下に引っ張るだけの簡単な反動制御で200発800レート弾幕が張れます!
  
  200発800レート弾幕は超楽しいです!メトロのB拠点横の狭い一本道廊下や、地下側でCに押し込まれたときに自拠点から出てすぐ右に入った狭い長い通路とかで使うとめちゃくちゃキルできます!

 







○ MG4○
  MG4は上記したとおり、反動制御カスタムをしても結構大きいブレは残ってしまうので、デメリットも考えるとそういう目的のアタッチメントはあまり向いていません。




  リコイルは右上への大きめのリコイルなので、がんばって制御しましょう。
 
  がんばればできないこともないです!
  近中距離~中距離での戦闘ではそれほど支障にはなりません。


  ただLMGで重要な中遠距離での撃ち合いで結構支障が出てきてしまうので、そこは割り切って使うしかないですね!



  バレルでオススメは、中の人が解説されている通りです!
 
  デメリットの大きい反動制御アタッチメントは付けず、フラッシュハイダーを付けるのがいいでしょう!

  サプレッサーなどの隠密系カスタムをするのも、MG4の方が向いてますね!
  むいてるっていうか、反動制御バレルを付ける必要がないので、そういうアタッチメントを付けられるってことですけどね。

 
  「安定性を得るにはコンペン必須のM249」よりMG4の方がある程度バレルに選択の可能性があります!





  グリップはスタビー/ポテトというLMGの定番がやっぱり強いですが、実はバイポッドもかなり強いです!


  MG4は縦反動が強いためか、バイポッドを展開すると反動がものすごい抑えられるため、一点にレーザービームのような弾幕を浴びせることが出来ます(笑)
 
  フルオートでぶっ放しても気持ちいいですが、やっぱりちょっとずつずれるため、遠距離を狙う時は指切りで撃ちましょう!
  反動制御要らずで、さらにものすごく集弾するため、遠距離の敵でも面白いように倒せます!!


  M249はバイポッドを展開しても横ブレ?っていうかサイトの横揺れ?がかなり気になりますので、バイポ展開カスタムならMG4が優れています。






○両武器共通およびまとめ○
  MG4やコンペン無しのM249は、LMGがほかの武器に食われにくい重要な立ち位置において、キルの安定性が無く、なかなかキツイと感じることが多いです。


  動画内でもそういう場面があります。
  4:50あたりから5:40くらいの交戦に注目してみてください。
  LMGではこのくらいの交戦距離が、結構重要にな距離になってくることが多いんですが、ここではMG4の強い右上反動のせいで1キルするのにものすごく手間取ってますね!




  上手いこと連続キルしている場面は、結構近距離よりの戦闘が多いこともよくわかります。 



  このことからも分かるように、LMGで結構重要な交戦距離より、もうちょっと近づいた距離がMG4やコンペンセイター非装備のM249の得意交戦距離となってしまうため、その距離に特化したアサルトライフル使用者やカービン使用者がいた場合、勝率が結構下がってしまうことになります。


  なので近距離が強いかといえば、そんなことないってことです!

  これ重要なことなので覚えておいてくださいね!!




  動画内でも解説されていますね!
  6:00あたりからでしょうか。
  
  近~近中距離にかけてはほかのLMGに比べたらまぁ強いって感じですが、それ以上のレート銃を相手にすると負けてしまいますし、そもそも援護兵では自分で回復できないって時点で…っというようなことが解説されてます!

  
  これはまさにその通り!!さすが中の人Aさんですね!よく分かってらっしゃる!!
  

  まぁなので、MG4やM249の得意距離っていうのは他の武器に食われてしまう可能性がある距離という矛盾したポジションになってしまっているんですね~。
  


  動画内での解説でもある通り、近中距離で敵の横や裏を取った時にその強さが存分に発揮されるため、本当に使いこなそうと思うとかなり熟練した立ち回りが必要となってくるわけです。


  調子が悪かったりすると一気に成績が悪くなります(笑)

  まぁだからこそ、メトロやロッカーなどは近中距離で横や裏を取りやすく、活躍しやすいマップのため、使用者が爆発的に増えるんでしょうね(笑)





  遠距離では単発指切りやバースト撃ちを使えばそれなりに当たる様にはなりますが、その撃ち方では当然、レート800の恩恵はそれほど感じられませんし、定期的に出る強い横反動のせいで安定性はイマイチです。


  制圧効果もフルオートで撃つ時より弱いのかな??




  反動制御無し状態でのおすすめの撃ち方としては、以前の記事でも紹介しましたが、「7,8点バーストで時折出てくる0.4反動を無理矢理引っ張って戻しながら撃つ」という方法です!


  やったこと無い方は一度お試しください!




  んで、コンペンセイターをつけたM249ならデカい横ブレが結構マイルドになるため、単発撃ちやバースト撃ちで結構いけるようになります。
  まぁそうするとスタビー/ポテトが必須になり、7,8点バーストの当たりが悪くなってしまうというデメリットもはらんでいますけどね!


  

  最後にLMGと相性がいいと聞くヘビーバレルですが、これは精度改善目的だけでつけると痛い目に合うので気を付けましょう。


  はっきり言って、精度改善よりも連射した時の反動増加デメリットが痛すぎて、全然効果を実感できません
  

  バイポ展開と合わせて遠距離専用カスタムにするか、エルゴと組み合わせて移動撃ち補正をかけまくるかですね。

 
  そもそもMG4やM249で、ヘビバレで精度改善しなければ戦えない距離で戦っている時点で使い方を誤ってるという意見が正論だと思いますね。

  
  ヘビバレは近距離と遠距離で精度アップの効果を発揮し、実感できるようになりますが、肝心の中~中遠距離が反動で当たらなくなったらLMGとしての意味はありませんし、遠近主体で戦うならほかの武器使った方が良いです!


  まぁこれについても以前記事にしたので、気になる方は読んでみてください!






ってなことでM249とMG4の解説でした!
なんか結局長くなってしまったなぁ…。





この弾幕スキー邪鬼男は、結構長いことM249とMG4を使ってきて、いろんなアタッチメントも試して、散々悩みながらどっちがいいか考えていたので、特定のマップやルールでしか使わないプレイヤーやちょこっと使ってみたプレイヤーよりは多少上手くレビューできている…と思ってます(笑)



結構悩んでる頃に色々ネットで検索したりしたけど、こういう風に明確な違いをはっきり書いてある情報は見かけませんでしたね。
解決の糸口は正直見つかりませんでした。
私が悩んでる時に欲しかった情報、それを書いておきました!


まぁ最終的には好みですけどね~。




どっちがいいか悩んでる方に参考になれば幸いです。




それでは今回はこの辺で!



おわり





-- 続きを読む --

category: BF4 LMG

tb: --   cm: 0

BF4 またしても愛銃が変更?? ~浮気者邪鬼男~  

わたくし弾幕スキー邪鬼男はあまり武器をコロコロ変える方ではありません。


兵科はいろいろと使ったりしますが、武器はこいつと決めたらそれが最強と信じ込んで使い続けるプレイヤーなのであります。特にLMGはねw




しかしながら、本来の飽き性という性格もあり、どこかで限界を感じると違う武器に走り出してしまうことがあるんですね~(笑)






まさにここ最近、この症状が起きてしまいまして、愛銃がM249からM240Bにまたしても戻りつつあります。






またしてもというのは、そもそもBF4を始めてから、ずっと最強と信じて使ってきた武器がM240Bだったんです実は!



扱いにくい強烈な反動がありますが、当時は使いこなせば最強説などのロマンを追及してましたし、今作は反動が小さ目に設定されているため意外と使いこなせるな~っていうのもあり、ず~っと使っていました。

アタッチメントの全解除だったり、そういったこともM240Bが一番最初でしたね。





しかし当時はPS3版で遊んでいたということもあり、コンクエストはマップの割に人数が少なすぎて全然面白くなかったためドミネーションを専門にずっとやってたのですが、ある時たまたま高レートLMGであるMG4に手を出したところ、あれ!?!?こっちの方がキル速度早くね!?って感じてしまい、それからは高威力高反動は敬遠するようになっていました。




やっぱりBF3の頃のトリガーハッピーをどうしても諦めきれなかったというのもありますし、100発マガジンの貧弱さと、フルオートで撃てないM240Bやペチェネグの仕様に辟易してたってのもあります。


200点バーストが最高に楽しかったし(笑)








当時はCODの影響もあってか、劣化アサルトライフルというような使い方でしたから、当然そういう使い方ならばMG4やM249の方が使いやすいですし、敵もキルできますからね!


劣化アサルトライフルのような使い方を高威力LMGでやってしまうと、ちゃんと狙っているのに弾が敵をすり抜けて行くように感じますし、一発外すことがデスに直結しますから、あまり向いていない使い方なんですね。
そもそもLMG担いで凸スタイルは向いていませんが(笑)





それでまぁ、過去に記事にしたような、LMG裏取り凸スタイル等様々な試みをしてみたり、それを挫折してアサルトライフルを使用したらその突撃スタイルの成功率に愕然としたりしながら、やっぱりLMGで活躍するには距離を取って戦うことが重要で、そういう戦い方をしないのならアサルトライフルやカービンを担ぐべきということに帰結したわけであります。



気づくのおせーよwって話ですが、やっぱりCODからFPSに入った人間としてはBF4のような各武器によって立ち回りにかなり差があるっていうゲームで、距離を取って戦うことを意識するっていうのはなかなか難しいんですよね…。アサルトライフル使ってればCODみたく戦えますけど(笑)







CODは立ち回りやエイム力より、敵の予測力が問われるゲームなので、どんな武器使ってもある程度弁えて動くようにするだけである程度キルできてしまいますからね。





BF3は若干CODに近い作りだったので、まぁある程度LMGなんかで強引な動きをしてもなんとかなったりしてたんですが、BF4ではマップの広さの為そうはいかないんですね!







しっかりと適正距離を意識し、積極的に敵の横を取ったり、待つときは待って戦うなどをしないと、LMGみたいな中遠距離向けの武器では近距離特化アサルトライフルやカービンに蹂躙されてしまいます。


私の腕が微妙ってのもありますが、例えば私が2人いてアサルトライフルとLMGで突撃ガチンコ勝負をすればほぼ確実にアサルトライフルの私が勝つというくらい、各武器に差があるのを感じます。






BF4は立ち回りと適正距離の把握がとても大事なんですね。







そういうことも考えつつ、やっぱり抜けない突撃癖からしても、200発マガジンで近距離ワンチャンある武器が私には向いていると思い、高レートLMGであるMG4かM249かってところで迷ったんですが、もともとトリガーハッピーが好きなので縦反動の低いM249の方がむいているということと、反動抑制カスタムをするならM249の方が数値的にも体感的にも優れているということに気付き、最近まではもっぱらM249をずーっと使ってました。


実際、M249は私の考えに答えてくれてましたし、近距離や混戦では脅威の200発トリガーハッピーもできて、中遠距離でも単発高速ショットでそれなりにイケる事が多かったため、満足しつつあとは立ち回りの強化かなって思っていろいろ考えながら試行錯誤していました。




しかし何個か前に、遠距離では高速単発撃ちよりバーストの方が当たりが良いという記事を書いたのですが、そのことに気づいてからまた色々と思うところが出てきてしまったわけです。










最新DLCのドラゴンズティース、これのマップは交戦距離の広いマップと近距離主体のマップとの差がすごく激しいです。そう、ルンピニガーデンとパールマーケットですね!!

ドラゴンズティースマップで遊んでいると、当然この二つのマップをローテーションすることになるわけですが、そこでいろいろと思うわけです。





まず近距離や遭遇戦。パールマーケットで遊んでいると、いくら高レートLMGのM249を使っていても勝率が芳しくないです。


敵の横や裏を取れば別ですが、近距離から中距離で正面から戦うとマジかよ!!ってくらい負けます…。


高レートと言っても所詮は800程度、これを上回るレートの銃は結構ありますし、精度やADS速度の遅さからもガチンコの撃ち合いはそれほど強くないことがよっくわかります!


遮蔽物等も多いため、LMGの適正距離で戦っても精度の悪さから倒しきれず、他の敵に返り討ちに会うこともしばしば…。








逆にルンピニガーデン。ここでは中遠距離~遠距離よりの戦闘が頻発します。
このマップのおかげで高速単発撃ちよりバースト撃ちの方が中遠距離では強いということが分かったわけなのですが、しかしこんな疑問が生まれます。




じゃあ高レートの意味なくね…??





意味ないってことは無いんでしょうが、以前他の記事でも書いたように、所詮800程度のレートではそれ以上のレートの銃に比べて、それほど命中率に影響があるわけではありませんし、だったら威力高い系の方がこのスタイルに向いてるんじゃないの?って思ってしまったわけです。





でもM240Bは止まって撃っても当たらんしな~とか過去の悪い思い出を振り返りつつ、だったらペチェネグか!って思いちょこちょこ浮気をしてました。




たしかに高威力LMGは中遠距離で強さが頭一つ抜けている!
キル速度がかなり早い!!


しかしながらペチェネグは、レート600の為、近~近中距離戦で若干不安があることや、結局止まって撃ってもM240Bと同じく当たらんことが多いため、M249のバースト撃ちとそれほどキル速度が変わらないことがあることなどなど、結果としてはちょっと微妙でした。
ってかボクの心にはそこまで響かなかった!(笑)






ペチェネグならヘビバレを付けても結構扱えるので、エルゴと一緒に付けて移動撃ち補正をMAXにして使ったりといろいろやってみましたが、そもそも止まって撃っても当たらんこと多いのに移動撃ち補正をしたところで一緒やんって感じでしたね(笑)


扱えると言っても反動はやっぱり結構増加しているので、集弾性は上がっているとは思いますがその分反動で敵の上や横を通り過ぎて行ってることも多く、どっこいどっこいです。

さらに、特に伏せている相手に手間取ることが多くなりますね。








M60にも手を出しましたが、反動はいいものの今度はレートがなさすぎて近距離の撃ち合いではワンチャンなど無いことが浮き彫りに…。

さらにそのレートの遅さゆえ、しっかりとエイムして反動をコントロールしないと上手く敵に当たらないので、ペチェネグよりもキル速度は落ちている場面が結構見受けられました。

その繊細すぎる仕様からしても使いやすいとは思えませんでした。
これ使うならペチェネグのがいいかなって感じです!リロードも最遅ですし。


M60が一番輝くのはバイポ展開した時ですね!
ってかバイポ展開がものすごく早くてスムーズ!!







んで結局、当たらない思い出を引きずりつつM240B使ってみるかって思ったわけです。
まぁZAKUさんのブログ読んだのが一番のきっかけですが(笑)





まぁたまには使ってみるか~程度の気持ちだったのですが、実際使ってみると


あれ!?やっべ!超強い!!!!
なんで今まで使ってなかったんや!


っとなったわけです。





まぁ完全に今のLMGスタイルにマッチしているからなんでしょうね!!



中遠距離での交戦で、敵が溶けて行くスピードがすごいです!
やはり4発で敵を倒せるというのは大きいですね~。



近距離でもレート650で、しかも3発キルなので、しっかりと一発目から当てることができさえすれば、M249やMG4と遜色ないくらいの速さで敵をキルできます!
むしろM240Bの方が早いか!?





さらにいえば、敵が頭出し有利ポジションにいる時の戦いにおいて、他のLMGではその反動と精度から勝つことはかなり難しいです。
っというのも、がんばれば2発くらいは当たることもあるんですが、大体2発当たったころには拡散率がだいぶ増加してしまっているので、もともと悪い精度も相まって、そっからあと一発が全然当たってくれなくなるんですね!


しかし高威力LMGなら当てさえすればヘッドショット2発なので、精度悪化前に敵が一瞬ではじけ飛ぶため意外と勝てるんですね!



近中遠すべての距離をこなすことが出来るM240B…なぜ今まで使わなかったのか!!!ってくらい強いです!




まぁロマン主義時代のイメージが相当ひどかったからなんですけど。
あの頃は修正前のヘビバレを何も考えずつけてましたし…。



最後に使ったのはNSが配信されて、期待してたAWSを解除する時だったかな~。
その時に使ったんだけど、NSが配信された当時って、超ラグい人達がたくさんいたし、それだけでなくサーバー自体もものすごくラグかったんですよね。
高威力LMGって一発外すことが相当デカいハンデになりますから、そういうラグなんかの影響をガッツリ受けてしまうんですね。


その結果、ヘビーバレル装備のM240Bを60発ほど乱射しても一発も当たること無くデスするシーンが異常に多く、あ~この武器ぜっんぜんダメだわ…。って思ったのが最後に使った感想だった

ってのが原因ですね(笑)





まぁ当時はまだまだ突撃スタイルでしたし、立ち回りとの相性も悪かったってのもあります。


っというかカスタムが悪かったのかな?



ヘビーバレルもさることながら、一番ダメだったのがIRNVなんじゃないかと思います。

私も最近知ったんですが、IRNVって装備するとエイムアシストが一切無くなるんだね!



どおりで遭遇戦の勝率が良くなかったわけだ…。
IRNV装備してるとただでさえ遅いADS速度がさらに遅くなるしね!
まぁもともとLMGは他の武器に比べてエイムアシストはあまり効かないけどさ、それでも遭遇戦や近距離戦では結構気づかないところで活躍してるんですよね、エイムアシストさん。



完全に中遠距離専用カスタムで凸ってたってのが一番アカンかったんすわ(笑)


ってかIRNVって遠距離だと逆に敵が見えなくなるし、立ち位置としては中距離完全特化だよね!?
近中遠万能に対応できるM240Bにはもったいない装備なのかも…。





ってなことで、最近はM240Bの強さを再認識することになり、完全に愛銃化してしまってます!


やっぱり今のなんで当たらんのや!!っていう不安定感はありますが、私が好んで使うLMGはどれもそういう場面多いですし、結局は一緒なんじゃないかと思います。
M249でもそういうこと結構多いし、それなら高威力の方がチャンスは多いです!



今後はこのマッチョなLMGでやっていこうと思います!




それでは今回はこの辺で






おわり





-- 続きを読む --

category: BF4 LMG

tb: --   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

LMG弾幕カウント

▲ Pagetop