FC2ブログ
FPSとLMGと日常 ~週末ゲーマー奮闘記~ ホーム »2014年06月
2014年06月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

BF4 LMGのすゝめ ~援護兵の立ち位置~ LMGの強みを押し付けろ!  

最近新たな立ち回りに挑戦中であります。弾幕スキー邪気男です。


今回はまたLMG布教記事だよ~!
まぁ、前回の続きと言ったところですかね。


今回は分隊行動とLMGの強みについて考えていきたいと思います。


かういう私も、分隊行動というものが結構苦手なので解説なんてできません!!
なので、私の考える援護兵の立ち位置というものを書き連ねていきます!



実は援護兵というのは、もっとも前線にいることが望まれる兵科なのです。

例えば他の兵科を使っていたとして、弾がほしくなる状況というのはどういう時でしょうか。
裏取りに来る敵の1人2人を倒したくらいで弾が欲しくなるでしょうか?


違いますよね。
一番弾がなくなるのは、前線で多くの敵と戦っている時、またはその後です。

 このことから考えても、援護兵がいるべき場所というのは意外にも主戦場となっている旗のところなんですね~。
自分の分隊でなくてもいいので、とりあえず積極的に敵の旗を奪いにく味方集団についていき、戦闘中もしくは戦闘後にハラペコ兵士たちへ弾を配るというのが理想の動きですね!

 あとは主戦場から少し離れたところからバイポッドを展開し、援護および復活地点となるというのも一つの選択肢ではありますが、これだとなかなか前線が上がらない要因の一つになりえますし、肝心の弾薬補給をしながら戦うという援護兵にとって一番重要な働きもできません。
そういうポジションはスナイパー偵察兵に譲った方がいい場合が多いと思いますね~、個人的に。
だれもそういう役割がいなければやる程度でいいと思います!

 しかしながらバイポッドを展開しての指切り射撃はかなり集弾するので、へたなスナイパーより全然強力だったりします!
なので選択肢としてはアリだとは思いますけどね!
こういう近中遠を万能に立ち回ることができるというのはほかの武器にはない魅力ですね。
こういう選択肢の多様性もLMG使いの魅力ですぜ社長!



そして前線が膠着している時の援護兵なのですが、どういう動きをするべきか。
例えばよくある、オペレーションロッカーやメトロなんかで、ある地点を挟んで膠着状態となっていることよくありますよね?

こういう場合、弾を配り、グレネードを投げたら、一番最初に顔を出して囮になるべきなのが援護兵だと思います。
なんでだよ!!って思う方おられるかもしれませんが、突撃兵は味方を回復および復活させることができるので一番デスさせてないけない兵科ですし、工兵は弾薬を補給できれば敵ビークルに圧力をかけ続けることができますのでいなくなってもらってはこまります。
 そうなると援護兵と偵察兵が消去法により突撃の役割をすることになります。
 しかし偵察兵はスナイパー持ってることが多いですし、他の武器をつかっても飛び出しつつの戦闘でたいして敵に圧力をかけることができませんから、じゃあLMGの出番だろ!ってなるわけです。


こういう時に輝くのがLMGであります!!!
こういう場面では敵を見つけてから発砲するのではなく、撃ちながら飛び出すのです。
いわゆるキメ撃ちというものですね!
ほかの武器より長いこと弾幕を張ることができ、さらに当たらなくても強力な制圧効果を相手に与えることができます!

これがLMGの強みであり、最高に楽しい瞬間なんですねー!!!


この基本ともいえるLMGの使い方、意外とできていない方多いのではないでしょうか?
LMGというのはなかなか特殊な武器なので、こういう他の武器ではできない戦法を使わなければ、ただの劣化アサルトライフル、劣化カービンとなってしまいます。

小生もついこないだまで出来ていませんでした…。完全に劣化アサルトライフルとして使っていたんですね~。
小生は考えながらプレイしているという割に、こういう重要な基本知識に気付くのがとても遅いのであります(泣)

小生にこのことを気づかせてくれたのが、ある激ウマ日本人プレイヤーの解説だったんですね。


そのプレイヤーは、弾を出したら援護兵はもうやることないし、突撃兵などの先陣を切り、制圧射撃をするべきであり、それをしない援護兵使いは全く持って援護兵である必要はないというようなことを解説しており、小生はハッ!っと気づかされたわけなんですね。


まぁ私の新たな発見はともかく(笑)、LMGの強みはマガジンのデカさと制圧効果の高さなわけですから、それを最大限生かせる動きが決め撃ちであることは間違いないと思います。

万歳突撃をしろという意味ではありません。
率先して壁から身を出しつつ決め撃ちをして、1,2発喰らったらすぐ回避行動を取ればいいのです!

敵が突入しようとしている時に決め撃ちが上手く決まると一気に全滅させることもでき、その時の快感といったらほかの武器では味わえません!!(はぁと)


しかしどんな状況でもそうしろというわけではないですよ。エアバースト持っているなら、それをポンポンすることで相手に相当な嫌がらせをすることもできますし。
エアバーストは状況次第では相当強いガジェットです!
ロッカーの通路なんかを援護兵二人掛でエアバーストポンポンされると、もうその通路は一切通ることはできません!
武器と装備によって、戦い方をがらりと変えるのもなかなか面白いです。


ちなみに先程の決め撃ちという技術は結構撃ち合いで重要な技で、私もこれを意識するようになってから撃ち合いでの勝率が結構安定するようになりました!
私のネット環境はADSL時代から変わらないクソ古いモデムを使っているせいなのか、住んでいる環境のためなのか、かなり回線負けが発生している気がするんですね…。
しかし、そういうラグラグな状況であっても、決め撃ちを使えば最悪撃ち合いの状況を五分くらいには持って行くことが可能になります!


とまぁ若干話がそれましたが、LMGはいろんな戦い方ができる素晴らしい武器なのはお分かりいただけたと思います!!


・・・どうですか社長?LMG使ってみたくなってきませんか??


この記事を読んで少しでも多くの方に、LMGを使ってみたい、もう一度意識してちょっと使ってみようかな、などと思ってもらえればうれしいでござる。



おわり
スポンサーサイト

category: BF4 LMG

tb: --   cm: 0

BF4 LMGのすゝめ ~引くこと覚えたカスに、オレアナル!~  

もうLMGをディスる記事は終わりだ!!!



更新までに少し間があいてしまいました。
やっぱり時間のある時じゃないと記事を書くのは厳しいね!どうしても長くなっちゃうし(笑)



とういうわけで、今回からはがっつりLMGを布教していくよ!!!



皆さんはこの記事のタイトルにもなっている「引くこと覚えろカス!」という名言(迷言)をご存知でしょうか?
今でもたぶん、検索すれば動画等出てくると思います。



結構ヒドイ言い方ではありますが、的を得ている言葉だと私は思います。



初心者の方で、操作にも慣れマップもある程度頭に入り、敵をある程度キルできるにもなってきている。
大体セオリーも分かってきた!
けどほとんどの試合でキルよりデスが上回っている…。イマイチ活躍できていないという方いますでしょうか?



私はそんな初心者から脱初心者へ、脱初心者から中級者へ、ステップアップしようとしている人にぜひLMGをおすすめしたいです!!



なぜLMGをおすすめしたいのか、解説していきます。
(コンクエストやラッシュなど中規模以上の戦闘を想定して書いています)


あ、ちなみにですが操作も全然おぼつかないレベルの超初心者の方にはさすがにLMGをおすすめしたりはできません…。正直私ではそう言った方にアドバイスできるようことは無いです。
 実際私がCODMW3でオンラインデビューした時はまさにそういう状態で経験があるのですが、マップが把握できず、ミニマップの見方もわからず、敵が前後左右どこにでもいる気がして怖くて動けない!当然エイムもできないため、敵に会ったらまず間違いなく負ける!みたいな状態ではどの兵科どの武器を使っても一緒だと思います。
 使いやすい武器を装備し、適当にチームデスマッチなんかで操作に慣れながら、ある程度マップや撃ち合いを覚えるしかないんじゃないかな~。
 BFはマップが広いし、突撃プレイが実を結びづらいので超初心者には厳しいかも…。(その点CODMW3は発売当初だったため非常に初心者も多く、超突撃デスマシーンプレイでもある程度敵を倒す機会があったので敵を倒す楽しみを実感しやすかったということもあり、私はめげずににFPSを続けることができました!)



話を戻します。


まずそもそも、なぜキルよりデスが多くなるのでしょうか。
その理由として一番大きなものは「無駄なデスが多い」からでしょう。

例えばこんな状況
・ ほぼ確実に勝てない状況にも関わらず突っ込んでいる
 敵が多数いるのがわかっていたのにそこへ突っ込んで返り討ち。
 味方が全然前に出れていない状況、つまり前線が膠着しており、ヘタに攻め入ることができない状態なのに突っ込んで返り討ち。


こういう無謀な行動によるデスは、ちょっと突撃を控え、考えて動くというだけで防げるものです。

しかしこの、無謀な突撃の癖というのは、ボクもそうでしたがなかなか矯正しづらいんですね~。
先程のような無謀な突撃でも、例えばその突撃が上手いこと裏取りになったとか、敵が違う味方に気を取られていたとか、敵が超初心者の集まりだったとか、状況によっては勝ててしまうこともありますからね。

ただそういう状況というのはそう何度も起こりえませんし、相手が性格の良い上級者だったりすると、わざと同じ状況を作って何度も返り討ちにする戦法を取られたり、カモにされかねません(笑)


初心者が脱初心者へとステップアップするために必須なのは、まずこの考えなしの突撃をなるべく控えるようにし、引くことを覚えるということだと私は思います。



そして、そういう動きや戦法を覚えるのにもってこいなのがLMGなのであります!


LMGという武器はその特性上、突撃にはあまり向いていません。
さらに援護兵という兵科も、突撃するための装備がほとんどないです。

そのため考えなしに突っ込めば当然返り討ちにされることになります。

LMGの強みを生かすためには、
1) なるべく中距離で戦い
2) 分隊行動をとり
3) 無理だと思ったら潔く引く
という戦い方をとるとこがとても大事です。

この3つはBFというゲームにおいて、とても重要な要素です。
LMGはその基礎を教えてくれる素晴らしい武器なのであります。


1)の中距離で戦うことをするようになると、いろいろと撃ち合いに対する見かたが変わってくると思います。
まず、なによりもスポットをする余裕が生まれるはずです。とりあえずスポットをしてから、戦うべき距離なのかどうかを見極めるという癖が徐々についてくるようになります。

そして「あ~これ反応遅れたし、今撃ち合ったら負けるな」というような状況がだんだんと分かってくると思います。
中距離ならば、無理!!と思った時に逃げるだけの余裕もあるはずです。
これが3)の動きですね!

この、「無理だと思った時にすぐに引く、逃げる、とにかく前線の中で1デスするまでの時間を稼ぐ」というのは非常に有効で、相手からしてみれば非常に鬱陶しい行動になります。

相手が嫌がる行動をするというはFPSだけでなく、対戦ゲームにおいて基本になります。

相手を倒しきる前に逃げられた場合、追うのか、諦めるのか、考える必要が出てきます。
BFは医療キットなど回復手段があるので、追撃が遅くなると逆に不利になることもあります。
しかし、中距離の敵を追えば、仲間と合流されている可能性もありますし、罠が置いてある可能性もあります。
1人倒したところで自分が不利なポジションになってしまい、1キルのために1デスしてしまう可能性が非常に高くなりますね。

上級者となると、無理に追撃せず諦める人が多いです。
しかしこれもリスクがあり、逃げた相手からまず間違いなく分隊が湧いてくるでしょう。
拠点制圧中だったりした場合、一人逃がしたことで敵の戦力が増えてしまうことになりかねません。


BFのような人数の多いゲームでは、キル速度というものが結構大事で、1人を倒すのに手間取ることというのは極力避けたいもの、なんですよね。(脱初心者レベルの私が偉そうに言える立場ではないですがw)

とにかく、前線で少しでも長く生き残るという意識を持ち実践することで、相手の足を止めることができるのであります!

勘違いしてはいけないのが、デスを恐れるあまり安全なところでしか戦わないというのとは全く違います。
たまに自拠点の超安全地帯に引きこもり、まったく出てこないプレイヤーがいますが、あれは全然敵の足止めになりませんし、味方の役にも立てていないことが多いです(笑)

重要なのは前線に出て、少しでも長く生き残ることですので、その辺勘違いしないようにね!!



さて2)の分隊行動とLMGの強みについて書いていこうと思いましたが、長くなりすぎちゃいそうなので次回以降にしておきます…。


おわり




しかし考えを文字に起こすのって難しいなオイ…。こんだけ書くのにどれだけ時間かかってるんだよ……。

category: BF4 LMG

tb: --   cm: 0

最近のCODについて雑記  

BFとCOD、まったくの別ゲーなので比べるのは良くないですが、やなり比較してしまいますね。

BFをやってると思うのですが、CODの制作側はユーザーの快適さ的なものはしっかり考えてますね!
マルチでの回線周りなども比較的快適ですし、ボタンの配置入れ替えも最初から実装されてましたしね!
FPSやったこと無い人を取り込んでさらに売り上げを伸ばそうという、今後の展開も考えているのが伝わってくるようです。
実際僕もこれだけFPSにハマったのはCODMW3からですし、CODから始めたプレイヤーも数多くいるでしょう。
その戦略が実を結んでいるのは確かですね。


でもゴーストはなんか若干失敗してる感ありません…?
マルチはあれじゃあ新規ユーザーに厳しいでしょうな~なにせエイムもままならんから、「サブマシンガンもってなにもわからず走り回って遭遇戦でワンチャンキル!」みたいなプレイが全くできないでしょ今作。
むしろ突撃プレイが上級者のプレイになってる。
さらに初心者救済のためか、変なリスポンしたりするから従来のプレイヤーからも不評だったでしょう?
そんな感じだからなんか現状、パーティ組んで強ポジに全員で立てこもるプレイとかばっかりになってるとかなんとか…。
制作側としてはそんなんでいいのかしら。


COD制作側は新規ユーザーを取り込むのはいいけど、もう少し従来のファンのことも考えてほしいなと思うことがあります。
ストーリーとか年々微妙になっていってると感じるのはボクだけでしょうか??

ボクはCODMW2がFPSをやり始めたホントに最初の最初で、友人が買ってきたこれをを友人の家で協力プレイモードだけをずっとやってたんですね。
これがまた面白くてねー。難易度ベテランとかクッソ難しかったけど最高に楽しかった!
ある時誰も一緒にやる人がいない日があって、その時にまぁ一人で協力プレイモードやってもしょうがないから、ストーリーモードやろか~ってなってなんの気なしに始めたんですが、あまりの面白さに結局やめられず、友人が帰って来て他の友達と大事な話があるから今日は帰れと言われながらもうまいことはぐらかしながら、朝までぶっ通しでやり続けてしまったんですね!
それだけのめり込めるストーリーだったんです。ボクが友人にしたことは最低ですがね!

その後CODMW3が発売される直前に、たまたま友人の家に行った時に置いてあったCOD4のストーリーをまた朝までぶっ通してやったわけなのですが、これも最高に面白かった!

そしてCODMW3。正直ストーリーは微妙だよね…。なんか淡々と進んでいくというかなんというか。
重要なキャラが殉職する場面でも全然感動できなかったし、ほんとなんか淡々としてるんだよ!劇的な場面が最初くらいしか無い…。
ただマルチはすごく良かった!ボクが今後もFPSやろうと思えたのはMW3のマルチのおかげだと思う。


ストーリーに関してはBO2やGhostにも言えることだと思うんだよね。
BOとかプレイしてないけど、プレイ動画でストーリーを追わせてもらいました。
すっげー面白かったよね、あのストーリー!

しかしBO2はふたを開けてみると、全然面白く無いわけではないけど、BOのような感動はなかったよね。
戦略ゲームみたいなモードとかは面白かったけど、FPSでマルチエンディングとかなぁ…。
そもそもボクはあまりマルチエンディングが好きではないんだけど、最近主流みたいになってきてる感あるよね。
GTAも二作連続マルチエンドだったし。


Ghostもストーリーは正直微妙。ワクワクするような展開は全然無いし、やっぱり淡々としている…。
MW3の時から思ってたけど、過去作の人気があったステージをとりあえず出しとけばいいみたいな考えがヒシヒシと伝わってくるんだよね…。
スナイパー担いでこっそり潜入して、結局見つかっちゃう!とか罠でした!みたいなステージとか必ずあるけど、絶対過去作で人気だったからでしょ!!(笑)

なんか聞くところによると、MW2で優秀なスタッフがごっそり抜けてしまったらしいじゃない。
その中にストーリー製作者の中心人物がいたんですかねぇ。そう思わざるを得ない出来です近作は。


マルチに関してはまぁ、面白いけど、やっぱり気になるのは新規ユーザーのためを思って作ってるのか体力が低すぎと感じてしまう点!
これはBO2から思ってたけど、BOシリーズは一作目から「ラグい、体力低い」だったらしいからそういうスタイルなんでしょうな。
BO2は武器バランスが神がかってたし、威力減衰とかもしっかりしてたから敵との距離が遠いのにあまりにもすぐ死ぬということはなかったからいいけどね~
壁貫通とか細かい設定がすごいこだわってたよね!
マップもシンプルであまり入り組んでないし、いまだに人気あるみたいだねBO2は!Ghostsが合わずにBO2に帰る人も多いらしい(笑)
そんなんでいいのか制作!!

ただBO2はラグですべてを台無しにしてたよね!
あとスコアストリークが強すぎるせいで、パーティーが野良を大虐殺する試合とかめっちゃあったよね…。
野良専であるこの私もその例にもれず何回やられたかわからん!
ラグと虐殺、これはホントに最悪だったわ。


Ghostsはなんか新しい試みに挑戦しようとした感あるね。
ライバルのBF4がマップ広いし、CODでもマップ広くしたらどうなるのかやってみよう的な?
その結果、CODの魅力の一つである試合展開の早さが死んでしまったという…。(笑)
突撃スタイルとか全くできないからな~。
しかもなんか撃たれたらすぐ死ぬんだよなー。
MW3と比較してばっかりで悪いけど、MW3の時は撃たれてすぐ遮蔽物に隠れたりしたら瀕死だけどまだギリギリ生き残れたりしたのに、Ghostsはすぐ死んでしまうよね。
初心者救済なのはわかるけどさー、なんだかな~。


CODシリーズはFPSの金字塔であり、プレイヤーも多いので新作が出るたびにいろいろ文句が言われるのですが、なんだかんだ楽しみ方がわかってきて、結局それなりに楽しめるというのがいつもの流れですけどね。
でもGhostはマップ広くしちゃったし、試合展開の遅さは今後も変わることはないでしょうし、完全に好き嫌いがはっきり分かれてしまっているから、評価が今までのように回復することはないのかも。


っとまぁ話がだいぶ逸れたのでこの辺にしときます!
一体なんの話がしたかったんだワシは…。


結論:MW2みたいなゲームがやりたい!


おわり

category: COD

tb: --   cm: 0

ボタン入れ替えと雑記  

最近R1ボタンとR2ボタン、L1ボタンとL2の入れ替えが実装されましたね!

PS4になったばかりの時は射撃とエイムがなぜかR2L2だったので憤慨した記憶があります。


なぜこんな無意味なボタン入れかえをしたんじゃコラ!元に戻せオラーー!
とか思い、EA、DICEに対してメールでお願いしようかと本気で考えたこともありましたが、僕の理性が押し止めました。
理性は結構強い方だと思いますボク!テュホw

しかしやっと慣れてきたとこで入れ替えできるようにしよってからに…。
最初から入れ替えできるようにしとけよコノヤロー!
CODを見習え!

なんかBFの制作は取り敢えず後から修正していけばいいや的な考えですよね…。
ラグや回線負け、ゴムバンドはまだまだ改善されてませんし。


そんな私は最近またボタン入れ替えをしました。R1L1をエイム、射撃に戻したんですね~。

やはりR1の方が射撃がしやすいです。人差し指使った方が指切り撃ちの精度なんかも格段に良い!
1、2点高速バーストもR1ならラクラク!

しかし射撃は慣れてきたものの、やっぱりガジェットとか使うときに間違えちゃうよね…。
とくにC4!
戦車とかに貼り付けたろうと思って死角から近づいたのにグレネード投げてしまうこと多過ぎ!!!

もう激おこプソプソマルフォイですわ!!
間違えて敵車両にグレ投げつけてしまった時ポッタァァァァアア!!!とかよく言ってる。


おわり


毎回こんくらい短い記事にしたいね…。

category: BF4

tb: --   cm: 0

BF4 LMG最大の欠点?  

今回は前回の記事、「LMGの立場」の続き的なものになります。



あくまで私が長いことLMGを使ってきたうえでの個人的な見解ですけどね!!私の独断と偏見によって考えるLMGの使い方実践等は今後書いていく予定でありまつ!


さて、前回の記事の続きなのですが、LMGは全くもって撃ち合いがダメダメなのかというと、そういうわけではございません。
LMGの命中精度が悪くても、なかなか強力な制圧効果があるので撃ち合い時には敵の命中精度をさげることができます。
そのためガチンコの撃ち合いでは、相手も命中精度低下の中で戦っていただくことになるわけです。


そうなるとちょっとこう思いません?リコイルコントロールや立ち回りを完璧にして精度の悪さに目をつぶり、使いこなせば、LMGは最強の武器になりえるのではないのか…。


でも現実はそう甘くないのでござる


FPSなんかで武器選びに困ってる時、こういう「使いこなす!」とか「ロマン」とか、そういう言葉は要注意!
悩める子羊にこういう言葉は悪魔のささやきになります!
自分で実際使ってみて、自分の好みや使用感で合ったものを選びましょう!
かく言う私も、脱初心者レベルを未だ抜け出せていないので、こういう言葉や考え方によく引っかかります(笑)


もし使いこなせば最強説が本当ならば、もっとLMG使用者がいるはずですし、上級者はもっと積極的に使うはずでしょう。
ただ実際、数値だけ見るとかなり優秀なんですよね。
wikiのコメント欄などにも、実際そこまで使っておらずスペックだけ見て使用感を書いている人が散見されます。

ではなぜ使われないのでしょうか。
その理由はキルが不安定だからだと私は考えます。

では「キルが不安定」とはどういうことか。


LMGは全体的にレートが低めです。一番高いレートで800rpm。ちなみに他のカテゴリの武器ではレート750とかでも遅いと言われることがあります。
その割にブレが大きめに設定されています。
同じくらいのレートのアサルトライフルやカービンと比較してみると、レートが低くても上だけでなく左右にもブレるようになっているものが多く、揺れ方は左右に均等に暴れるため反動の制御が難しくなっています。
正直コントローラーをつかっていかなる状況においても反動を完璧に制御しきることは不可能に近いと私は思います。

それに加えて、弾がまっすぐ飛びません。これはたぶんADSした時のクロスヘアの大きさが原因なんだろうなー。
BFはCODと違ってADSしても狙ったところに飛ばない仕様になっているのはお分かりだと思います。ADSを連続で繰り返すとちょっとだけわかるんだけどBFはADSしてもクロスヘアが存在しているっぽくて、それはつまりADSをしていてもそのクロスヘアの中をランダムに弾が飛んでいくということなんですね。
これの数値はADS-Stand-Base-Minってとこ見ればいいのかな?
アサルトライフルは0.2、LMGは0.3となっていますね。
このたった0.1の数値差で弾の当たり具合が全然違ってくるのであります。


弾が散らばりやすい上に暴れるエイム
反動はランダムなので時にはそこまで暴れないこともあります。
弾の散らばりもランダムなので、まっすぐ飛んでくれる弾が多い時もあります。
そういう時は敵をがっつりキルすることができますし、そうでない時は敵を倒しきることができません。
どうしても敵を倒すことにムラが出てしまうのです。

反動がひどく、精度が悪い時というのは、敵一人をキルするのに時間がかかります。キル速度が遅くなるということです。
そうなると違う敵に反撃の隙を与えてしまうことにもなりますし、倒しきれずに逃げられてしまうこともあります。


この精度と反動の問題ゆえのキルの不安定さがLMGの最大の欠点だとボクは思うのです。

うまい人というのは流れるように敵をキルしていきますよね!洗練された無駄のない動きで戦場を駆け回ります。
この距離、この状況だったら確実にキルできるというものを身体で覚えているんですね!そのため一人一人を確実につぶしていけるのです。
そういうプレイヤーにとってキルの不安定さというのは非常に厄介だと思うんですよね。
えっ?今の当たらなかったの?とか、今の倒しきれないのか…。とかそういうことが頻繁に起こればそりゃあ他の武器の方がいいやってなってしまいますよね。

LMGは決して弱くはないですが、こういう面でストレスがたまりやすく、それゆえ使用者が離れていきやすいのではないかなとおもいます。


さらに援護兵という兵科のガジェットの魅力の無さ!これも原因の一つだそうです!これは前回の記事にて、コメントでご意見いただきました。
個人的に援護兵のガジェットって結構強いよな~と思っていましたが、よく考えれば絶対に援護兵が必要になる場面なんてものはほぼ無いんですね!
間接射撃や弾薬補充、裏取り防止、有利地点に居座る敵の排除など、援護するためのガジェットとしてはとても強力ですが、無くてもなんとかなるのがこの兵科の悲しいところです(笑)

こういった兵科自体の人気も低いため、LMG使用者は余計に少ない気がするのでしょう。


ちなみにLMGは全ての武器がこれに当てはまるわけではありません。
ボックスマガジン系のLMGは精度の高さやブレの小ささが優秀なもの多く、使いやすさが際立っています!
アサルトライフルに近い使用感になっていますので、普段突撃兵をメインに使っている方なんかが使っていることが多いですね。
しかしながらこれらの武器は安定性と精度を取った分、火力が全然ありません。威力は並ですがレートが600くらいのものばかりです。
そのため近距離なんかは絶望ですし、敵が遠すぎても倒しきれないことが多いです。
そうなると敵に対して、つかず離れずな戦い方を強いられることになり、普通のLMG以上に使えねーとかそういう感想をよく見かけますね。

低レート高精度でリロードが早い武器ならば他の兵科でも存在していますし、ガジェットの有効性も含めてそれなら他の武器でいいわって結局なってしまうんですね(笑)



さて、こういったLMGの特徴から、どういった立ち位置を取るべきなのかという話をしようと思いますが、
やっぱ長くなりすぎるのでやーめた!!!!!!

また次の機会にします…。

おわり

なんかLMG好きなのにネガティブな話ばっかりになってしまっている!
次回からは趣旨を変えていこう

category: BF4 LMG

tb: --   cm: 0

BF4のLMGの立場について  

今回はBF4のLMGについて、書いていきたいと思います。


BF4のLMG、使用者の評価が分かれています。
強い!という意見と、クソ武器だという意見…。


ある程度長く使っていると自ずと答えは出てくると思います。答えは後者である可能性が高いです。

LMGを使ってみて離れて行った人の例をあげてみます。


                       ~使用開始直後~

・なんかアサルトライフルとかカービンとか飽きてきたし、試しにLMGでも使ってみるかな
・アレ?なんか強くね?弾いっぱい撃てるし、威力もアサルトライフルと一緒やん!!たのしー!
・よくLMG弱いとか書かれてるけどクソ強いやん!!もしかしたら俺、LMG使いとしての才能あるかもしれんなww
・(ネットなどの情報を見て)弾が当たらない?リコイルコントロールができてないだけじゃろ?しっかりストッピングして指切りで撃つんだよnoobどもww


                      ~しばらく使用してみて~

・え?今ので撃ち負けんの??ちゃんとエイム合ってたくね?
・(中遠距離にて)うっわ、先に撃ち始めたのに撃ち返されてこっちも瀕死だわ
・クッソ!!弾が当たらん!なんでや!エイムはしっかり合ってるのに!!!


                      ~他の武器に戻して~

・めっちゃ弾当たりますやん
・反動制御しやすっ!弾がまっすぐ飛ぶし、ガシガシ当たって敵がみるみる溶けるわ!
・ちゃんと狙っても当たらんLMGはクソ!もう使わん!!

                         ~終~



そう、BF4のLMGは使いこめば使いこむだけ扱いの難しさや欠点が浮き彫りになっていき、使用者が離れて行ってしまう悲しい性を背負った武器なのであります…。
まぁ今作のLMG使用者の少なさを見れば説明不要ですね。


オイオイオイ!お前LMGの楽しさとか語るんじゃなかったのか!?いきなりなにネガティブな意見出してんの??
とか思われても仕方ありません。
でも事実だもん!!ウソ書いてもしょうがないしな!!!


wikiにもたしかLMGは使っていくとその扱いの難しさを痛感するだろうみたいなことが初心者講座あたりに書いてあったと思いますが、あの記事を書いた人は多少使ってみたという人ではなく、リアルLMG使いなのだと思います。使いこんでその微妙武器加減に気付いたプレイヤーの一人でしょう。(ただ最後の方に書いてある「LMGはしゃがむと安定する」っていうのはホントなんかな…?)



とりあえず解説をしていきます。

LMGの強みといえば
「マガジン容量がでかい」・「制圧効果がでかい」
これでしょう。
これって結構強いんじゃねって思いますよね。たしかにこれはほかの武器に比べてかなりすぐれている点だと思います。
でもこれって、敵をキルすることに直結しにくいんですよね


逆に弱いところをあげると
「精度が悪い」「ブレが強め」「移動撃ちの精度悪化が強烈」
こんなとこでしょうか。
これは敵をキルするために非常に重要な性能です。


これだけでもうお分かりですよね。
そう、BF4のLMGは敵をキルすることが向いていない性能を備え付けられているのであります!
マガジンのデカさと制圧効果の高さを手に入れた代わりに撃ち合いで勝つため能力を剥奪されたのです!


FPSというゲームは大抵、何発あてればキルできるという数値が設定されています。つまり相手より先に、既定の数弾丸を当てた方が勝つゲームなのです。
なのでFPSというゲームにおいては、敵に弾を当て続けることが非常に重要なのです。

その非常に重要な敵に弾丸をぶち込み続ける性能が軒並み低い武器、それがLMGであり、使用者が少ない原因なのです。キルが取りにくいのです。



しかしながらデータだけ見てみると、たとえばsymthicなんかでLMGのデータを見てみると、反動のデカさはアサルトライフルなんかとあんまり変わらないんです。
さらには拡散率(クロスヘアが広がっていく早さ)もアサルトライフルやカービンとあまり変わりありません。
しかも威力はアサルトライフルと同じ。制圧効果はLMGのが高いし、数値上はとても優秀です!っというか数値上はアサルトライフルの上位互換のようにも見えますね。

まぁ私実はあんまり数値の見かたや0.1くらいの数値差がどれほどのものかとかよく分かっていないので詳しくは語れませんが、実際使ってみるとあのデータほんまかいな!!と思うくらい敵をキルするのに手間取ることが多いです。



ただ、これは武器のバランス調整上当然の結果なんですよね~。
これで命中率が良かったら完全に他のカテゴリを食ってしまい、最強武器になってしまいますからね。
他の兵科を援護する兵士、援護兵
その援護兵固有の武器、LMG
製作者からしたら、援護兵なんだからキルするんじゃなくて制圧射撃でアシスト稼いでろっていう考えなんでしょうね。




このようにキルすることや、撃ち合うことがあまり得意ではない武器がライトマシンガン、LMGなのであります!

勝ち負けが決まるゲームなのですから、みんな勝ちに行きたいのは当然です。その中で、キルに安定感がない、ここぞという時に負けてしまう、そんなLMGという武器は不人気なのも納得ですね。


ざっとデメリットばかり書き連ねてきましたが、自分の使っている武器の短所を知ることはとても重要です。
その中でどうやって勝ちに行くか、強みを生かしていくか。
それを考えながらプレイしていくことが、結果的にプレイヤースキルの上達にもつながると思います。

デメリットが多いですが、それ以上に使っていて楽しい武器がLMGだと私は思っています!
単に楽しいだけの趣味武器ではなく、この武器を使って活躍するにはどうしたらいいのか、今後そう言った記事を書いていければと思います。


おわり



しかし記事を書くのって大変!なんか書いてるうちにだんだん脱線して行ってしまう。
なにが言いたいのかよく分からなくなってしまうし、難しいわ!
もっとクレバーな文章を書きたい…。

category: BF4 LMG

tb: --   cm: 2

がんばれ弾幕スキー~ボクがLMGメンになった理由~  

なにごとにもきっかけはあると思います。
今回はボクがどういう経緯でLMGというものに引き込まれてしまったか、その原因をお伝えしたいと思います。
少しでもLMGというものの面白さを伝えることが出来ればと願います。
コラ興味ないとか言うな!



そもそもボクがFPSデビューを果たしたのはCODMW3からなのですが、このゲームにもライトマシンガンというカテゴリはありました。しかし当時のボクの心には響かなかったのである…。


主な原因はBF3にあります。当時そこまでFPSというものにバカハマりしていなかったためCODMW3もある程度プレイすると飽きてきてしまいました。
そして同じような面白いゲームはないかな~と探していると、まぁ当然CODのライバルであるBFが出てくるんですね~


それで結局買ってしまうわけですが、これがまた難しい…。
一応初心者とはいえ、CODを経験している訳ですから、マルチでもある程度はキルもできて楽しめるのですがCODのようなバカ凸プレイが通用しにくい!!(CODMW3はマップが狭く、入り組んでおり、さらにサブマシンガンやマシンピストル両手持ちが強かったこともあり、なにも考えずに突っ込むスタイルでも当時はかなり通用してました!)


リコイルコントロールや指切り撃ち、偏差射撃もできませんし、兵器に乗ってもすぐやられるし、なにより敵が固い!適当なエイムじゃ全然死んでくれない!!
どうしたものかとすぐインターネットを検索するわけです。(基本的にボクはすぐインターネットに頼ります…。)
そうするとでてくるのが、「ライトマシンが強いよ(^ω^)」という情報。


それを信じて使用を始める訳でありますが、なんか反動でかいし、イマイチ弾当たらんし、こんなん使いこなせれるんか?とか思いつつ使っていくとあることに気がつくんですね。

BF3経験者なら分かると思いますが、そう、フルオートで撃ちっぱなしにすると反動がなくなるのです!!


これ未経験者はなに言ってるかわかんないかと思いますが、BF3のLMGは反動がBF4よりデカいため、撃ち始めるとすごい速さでエイムが上にあがっていくのです。そしてそれが限界までいってから真ん中まで引き戻すと、無反動のまま撃ちつづけることができるという神仕様だったのです(笑)

この仕様のせいで私は、完全にLMGの魅力に取りつかれてしまいました…。
当時の私の姿は完全にランボー、もしくはメイトリクスだったであろう。


それに拍車をかけたのがペチェネグに拡張マガジンという装備。
これはホントにすごい!発射レートが低め(600rpm)で高威力(近距離3発キル)のペチェネグに拡張マガジンで装弾数はなんと400発www
ペチェネグのレートの遅さも相まってものすごい長い間弾幕を張り続けることができます(笑) 当然敵は顔を出せば溶けますし、なにより面白かったのは弾幕を張りながら角から飛び出すことによって、敵の不意をうち、敵分隊くらいを一気に全滅させるプレイです(笑)
これがたまらなかった!!
これが弾幕プレイに目覚めてしまったきっかけであります!


そしてゲームはCODBO2へと移り変わっていくのですが、なぜかそのゲームでもしっくりきてしまったのがLMGでした…。完全に弾幕を張るプレイに憑りつかれてしまったのであります。
いつぞやのサブマシンガンを持ってなにも考えず、射線の通らない入り組んだ場所ばかり走り回るアホな突撃プレイヤーはどこへやら。

LMGというのは自らが前に出るようなプレイはできないカテゴリですので、自然と待つ、引くプレイを覚えるようになっていきます。待つ、引くプレイというのは、ある程度頭を使わないとできないプレイであり、今のプレイスタイルに落ち着くきっかけになったともいえるでしょう。
そういう意味で、この弾幕スキーの経験はとてもいい結果を生み出したと言えるのではないでしょうか。


結論として僕が言いたいのは、BF4から始めた人でLMGが好きになった、弾幕張るのが気持ちいいぜ!!と感じている人、いや全くそうでない人も、今更だけどBF3のLMGを一度上に書いたようなプレイで使ってみてほしい。
べつにLMG好きじゃない人も弾幕張る楽しさが分かると思いますし、BF4で弾幕好きな人はもっとLMGにハマることになるでしょう!!!!!!

おわり




ちなみに僕はBF4の弾幕では少し物足りないです。反動は無くなる神仕様はなくなってしまった。
ほとんどのLMGのマガジンを100発に減らすだけでなく、拡張マガジンという神アタッチメントを削除した開発……メチャゆるさんよなぁぁあああ!

category: BF4 LMG

tb: --   cm: 0

ブログ開設の話  

やぁ
このブログはわたくし、弾幕スキーがFPSの楽しさを紹介していくブログでございます。
たまに日常の話や愚痴などなんの脈絡もないことを書くこともあるかなと思います。
FPSに限らず、面白いゲームがあれば紹介していくこともあるでしょう。
どうぞ、よろしく!


初回なのでなぜブログを開設しようかと思ったかという理由を記事にします。
この弾幕スキーは昔からゲームばかりしているゲームスキーだったわけですが、このFPSと言うものに出会うまでは特になにも考えずにプレイしていることが多かったと思います。
考えると疲れるし、謎解きやパズルゲームなどはあまり好きじゃなかったですね。



しかしながらこのFPSというゲームにハマりだしてからというもの、ゲームをしながら考えることが非常に多くなりました!
そのためあーすればどうだろうか、こーすればもっと成績が伸びるかも、なんていうことをよく考えているのですが、いかんせん考えているだけではいざプレイしようとした時に忘れてしまいます(笑)
まぁ考えていること自体が楽しいのですが、やはりどこかに残すべきだろうと思い、ブログにしてしまおうと思ったわけであります。
そしてその考察を実践し、その結果どうだったのかやそれにより得られた知識を、このブログをみてくださった方が参考にしていただければコレ幸いと思っております。

どうぞ、よろしく!(二回目)

category: 未分類

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

LMG弾幕カウント

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。