FC2ブログ
FPSとLMGと日常 ~週末ゲーマー奮闘記~ ホーム »未分類
カテゴリー「未分類」の記事一覧

MGS5発売ということで記事更新 ~今後の予定的なもの再び~  


はい、お久しぶりでございます!


また更新をサボってました弾幕スキー邪鬼男でござる。

久々の更新ですが、
しかし特にネタも無いので
また今回も適当な更新で広告回避させていただきます!


最近やってるゲームについてですが

前回記事でオススメゲーム無いですか~?という私の唐突な質問に対して
LMGメンさんからいくつかゲームを紹介していただきましたので
その中で気になったデビルメイクライ4スペシャルエディションをプレイしました!



細かな感想はまた別の記事で書くことにしますが

非常に面白かったです!!!



アクションゲーム好きならマジでオススメできる作品ですね!デビルメイクライシリーズは!

ゴリ押しで行けそうに見えて、実のところ結構しっかり敵の対策しないとすぐやられてしまう絶妙なバランス調整など
さすがとしか言いようがないです!



久々にFPS以外のゲームをやりましたが、この一ヵ月くらいかなり充実したゲームライフを送れました(笑)

紹介してくださったLMGメンさん、本当にありがとうございました!

たぶん教えていただかなかったらデビルメイクライ4自体発売してたの知りませんでしたし、
ブログやってなかったら買ってなかっただろうな~ってなこともあってホントに感謝感謝です!


ちなみに全キャラでSON OF SPADAまではクリアして、ダンテマストダイを攻略中です!


キャラの差別化もちゃんとしてて、どのキャラ使ってても楽しかったってのもすごいね!!


こういうバランス調整は他のゲームも見習ってほしいですね~!







そして話は変わりますが

明日、ってかもう今日か!!


ついにメタルギアソリッド5 ファントムペインの発売日ですね!!!!



いやー!待ちに待ったメタルギアですよ!!


広告でもシリーズ最高傑作と謳ってますし、非常に楽しみでござります!!




KONAMIの騒動で一時はどうなるかと思いましたが、無事発売してくれそうでなにより!



そして一か月後にはメタルギアオンラインもスタートですね!

MGO2の時点で相当面白かったので、今作もすごく期待してます!


前作みたいなヘッドショットゲーにならないで頂けると有り難いんですけどね(笑)



MGS5もオンラインもガッツリやり込みたいと思います!!!










そして気づいた方はきづいたかもしれませんが、こっそりこのブログのタイトルに副題を付けました(笑)


タイトルの通り、最近ゲームやる時間もあまりなかったりやる気なかったりして、週末ゲーマーになってしまっているのでね…。



今後の方針として

ストーリーや一人プレイ重視のゲームに関しては感想記事を気が向いたら書いていくことにします。
その記事を読んでいただいて、購入の参考にして頂けるくらいにはできればと思います。


オンライン系の、特に対戦物に関しては今までの方針と変わらず
気が向いた時くらいにしかプレイしない、かつ週末ゲーマーでもいい戦績が残せるように楽な方法を探っていき、何か見つけたらその情報を共有していく、という形で記事にしていきたいと思います!!

一応ネットなんかで情報も集めつつ、実際に私がプレイして、こんな感じだったよ的なことをまとめていければと思ってます!



しばらくはメタルギアソリッド5をやり続けると思いますし、オンラインができるようになればそっちの記事が多くなると思いますので、しばらくFPSはお休みかな(笑)




LMG関係ねージャンって言われそうな気もするけど!!


ただねメタルギアオンラインの映像見ると
最初の、「キャラを数回切り替えて最終的にスネーク」になるシーンで
切り替わる内の一人の兵士がさ…


明らかにLMG背負ってるんだよね!!!!!



絶対MGOでもLMGが出るはずなんや!!!!!!!



拙者は信じとるでぇー!!!



ってなことでMGOでもLMGが出れば、それについての考察をしていきたいと思います(笑)





しかしMGO楽しみだな~!

ボクの大好きなオセロットも出るしね!!
thumbnail_005_u2pkwj.jpg




ってな感じで今回はここまでにしておきます!

おわり


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 2

やっぱPS4はすごい! ~もうPS3にはもどれぬ!~  

いろいろとBF3の頃のLMGについて書いてたら、どうしても無反動弾幕をやりたくなってPS3をひっぱり出してきて久々にプレイしました(笑)



しかしアレやね。



PS4やってからPS3のFPSやると画質が違いすぎてビックリしますね!!




今BF3をやると、遠くがぼやけていてまったく敵が見えない(笑)


よくこんなんでプレイしてたな~って思いますww


しかもスポットがセレクトボタンだから、パっとスポット出来ないんだよね~。
だから遠くの敵がほどんど見えない…。





BFにおいて重要なスポットのボタンをR2にした製作者はエライ!!!







肝心のLMGだけど


今まで記事にしてきたBF3の方がLMG強かった発言取り消します!!!





やっぱりBF4の仕様のLMGでいいです…。

BF3の仕様のままBF4に輸入されていたら、きっと誰も使わないくらいヒドイ武器になってますわコレ(笑)




ちょっとリコイルがデカすぎですね!
BF4でだいぶリコイルコントロールができるようになってたからそれなりに制御はできたけど、それでもキツイ!



そして精度が悪すぎる!!!



しっかりADSしてもぜ~ん然当たらん!!



10m以内の近距離で敵をしっかりADSの真ん中にとらえて無反動弾幕浴びせてもほとんどあたらず…。
弾がどこかへ消えて行く~!


無反動弾幕中は拡散値が最大になってるから当たり前やん!指切りしろ指切り!!


って思うじゃん?






指切りしても全然当たりませんから!!!!




おかげで近距離でもキル速度が遅い遅い!



まぁBF3の特殊な制圧効果のおかげで敵の弾も当たりにくくなってるからまだいいけどさ。





やっぱり精度ってものすごく大事ですね!
FPSは敵をキルするまで弾を当て続けることが基本なんだから当たり前ですけど(笑)



BF4の制圧効果は単純な手ブレだけになってるし、近距離だと発生しないんだっけ??




これで前作のクソ精度だったら、マップ広いしLMGはホントに撃っても撃っても弾が当たらないクソカテゴリ銃になってましたよ(笑)




でもやっぱり無反動掃射は最高に気持ちよかった!!!




この無反動仕様と拡張マガジンだけは実装してくれんかな~。
そしたらもっとLMG人口増えると思うんだけど(笑)




はい、今回は特にそれほど意味のない雑記でした!





おわり





-- 続きを読む --

category: 未分類

tb: --   cm: 0

BF4 DRAGON'S TEETHきました!  

やっぱり週末にしか更新は難しいなー(笑)



今回は新しいダウンロードコンテンツをやってみた感想についてちょこっと書いていきます!



ついにきましたね!DRAGON'S TEETH!!



私は配信日当日に早速プレイしました!

では以下にその時の感想を…。




1)新ルール チェインリンク!
早速LMGを担いでチェインリンクをプレイしてみたわけなのですが、試合展開めっちゃ速い!!!!

CODかと思うくらいの速さ!


イメージとしてはドミネーションのマップが広く、拠点が多いバージョンみたいな感じですかね。


ドミネーションに比べて人が多く、マップも広いので中距離戦闘も結構多いのですが、拠点がたくさんあり、さらに隣り合う拠点を奪取し、繋げると敵のチケットが多く減るので、必然的にガンガン攻めて行く感じの試合展開になりがちです。

マップの広さを利用して、あえていきなり敵拠点に近い拠点から大回りして強襲しに行くなど、裏取り合戦も起こりやすくマンネリは起きにくいかなと思いました。


とにかく拠点を取って取られてのくりかえし(笑)


チケットの減少もすさまじく早いので、一方的な展開になって敗北までじわじわとボッコボコにされ続けるという状況は起こらずすぐ終わるので、そういう意味でストレスは少ないのかも(笑)


兵器は出てこないみたいで、歩兵戦メインのルールですね!ドミネーションやチームデスマッチ好きな方で、広いマップで遊びたいと思っている人には最適なルールではないでしょうか!!




・ LMG使い的な立場でのお話

正直かなりシンドイ!!!!!!!
試合展開の速さ故、必然的に遭遇戦や近中距離戦が多発します!勝利のためには拠点を奪取し、となりの拠点とつなげる必要があるため走り回らなければならず、LMGの強みを生かしにくいです…。

マップ自体は広いため、中遠距離戦も起こるのですが、拠点の近さから正面からガチの撃ち合いになる状況も多いですし、そのためアサルトライフルとメディックキットが非常に活躍します!

マップの広さを利用して、あえて防衛に専念するという手段もあるのですが、端の方にある拠点ならまだしも、真ん中あたりの拠点は簡単に裏取りが出来るため気づいたら後ろからや横から撃たれてやられる状況がとても多いです。



ドミネーションなんかでも言えることなのですが、歩兵戦メインのルールになると突撃兵とアサルトライフルの一強です!

カービンライフル担いでワンチャンあるくらいですかね~。


クラン戦なんかの動画を見ていても、ドミネーションではほとんどの方が突撃兵ですし、たまにスナイパーがいるくらいなんですよね。
まぁ歩兵戦にかけてはアサルトライフルの右に出る物は居ないため、勝利を目指すなら使って当然です!


ってかドミネーションなんかでLMG使う利点ってほとんどないですし、ガチの試合の動画で使ってる人見たこと無いですわ(笑)


新ルールチェインリンクはそのドミネーションの延長線上なので、やはりアサルトライフルが有利なのは間違いないと思います!
しかしマップが広いため、スナイパーライフルの活躍する機会も増えていますし、ドミネーションに比べれば当然LMGにだって活躍の機会はあるはずです!


取り敢えず援護兵として活躍するためには、ひたすら敵の進行を遅らせることに専念するのが大事ですね!


兵器が出ないため、C4はあまり使いどころがありませんので、クレイモアが輝くルールだと思います!

有利地点や進行する時に必ず通らなければならないような場所にクレイモアを仕掛けて置くと、結構引っかかってくれますす。

基本ですが、進行ルートや出入り口に対して横向きに設置してやれば、そこを通るためにはクレイモアを破壊するしかなく、銃撃できないような角度にしてやればグレネードを投げるしかありません(笑)



BF4_クレイモア
BF4_クレイモア2
こんな感じ




これは相当な時間稼ぎおよび嫌がらせになりますので、チェインリンクではこうやってスコアに出ないようなやり方で拠点防衛に努め、勝利を目指していくスタイルが適しているのかも!




2)バリスティックシールド
援護兵の新しいガジェットですね!

BFで盾の導入は初の試みであるらしく、新しい戦い方ができるようになるかもしれないと結構期待して待っていました!
なかなか不遇な今作の援護兵の活躍する場が増えればいいな~なんて思いながらね!



それでダウンロードコンテンツ開始直後からずっとこれを狙い続け、その日の内にアンロックに成功しました!!





……これなんか微妙じゃない??ww


いまいち使いどころがわからなーい(笑)


ロッカーやメトロでの膠着状態の際、グレネードなんかを防げれば新たな打開策になるかも!なんて予想してた人もいたみたいですが、全然そんなことない!!

爆発物防げねー!!ww


しかも今作はRGOインパクトっていうグレネードがあるから、盾構えてる横側あたりに投げ込まれると普通に死ぬ…。


まぁ開発者たちも、盾で銃弾を防ぐのはとても楽しい!とか言いながら作ってたみたいだから、実用性とかは全く考慮してないんだろうな~(笑)

他の武器やガジェットが充実していく中、援護兵だけ相変わらずのネタ枠というこのありさま…。


EADICEは援護兵とLMG嫌いなんだろうね!!!プンプン!



使用例としては、例えばダメージを受けている状態で敵に出会ってしまった時なんかに、盾を構えて徐々に後退していくことで生存時間が伸びるっていう感じでしょうか。
複数の敵に同時に正面から相対した時も、死亡確定がワンチャンある状態になるわけですね!

これはよく考えれば結構いい効果なんじゃないでしょうか!?

他の記事でも書いたように、前線の中で生き残ることは結構重要ですし、敵の注意を引きつけられるというのはでかいですね!
これでスコアが少しでも入ればなぁ…。


実際私に起こった出来事として、あと一発喰らったらやられるという状況で2人の敵に正面から遭遇してしまった時、盾を構えながら徐々に後退し階段を下りていき、敵の姿が見えなくなった時にグレネードを投げつけたら2人ともキルできたという状況はありましたね(笑)


まぁ、あまり使い勝手のいい装備ではなさそうですね…。



さらっと短く書くつもりだったのになんか長くね??



っということでDRAGON'S TEETHの感想は終わりです!

またなにか有効な使い方や戦法を見つけたら記事にします。



おわり

-- 続きを読む --

category: 未分類

tb: --   cm: 2

スタイル一新! と小生の雑記  

やぁ(´・ω・`)
ブログのスタイルを変えてみたよ!


前の新聞っぽいスタイルは文字が大きくて見やすいかなと思ったんだけど、どうしても内容が長くなってしまって1つの記事が縦長になってしまうのと、タイトルが2行になると重なってしまったりするから、いろいろ見栄えを考えてこのスタイルを使わせていただくことにしました!


っというわけで、今回はついでに私がFPSに戻ってきて、どっぷりハマってしまった過程を適当に書いていきます。




小生は一度前作のBF3あまりやりこまず売っぱらっています。
いろいろと私生活の方での原因もあるのですが、ゲーム内容からみた理由の一つとして、BF3はCODMW3に比べてベースレイプや圧倒的大差で負けることが非常に多く、ストレスが多かったからというのがあげられます。


当時流行っていたFPSはCODMW3とBF3でした。
CODはMW3からダメになった等言われていますが、私はすごく好きでした。
会社は違うけれど次の作品であるCODBO2は、スコアストリークがあまりにも強すぎてパーティによるレイプ試合が非常に多く、非常に面白くない試合が結構ありました。


その点MW3は、一部の強武器やパークなど偏りはあれど、そこまで一方的に殺され続けるというような試合はあまりありませんでした。
よく批判されるアサシンプロやEMPは、確かにそればっかりになってしまいがちでしたが、裏を返せばパーティーレイプに対して対抗できる手段でもあり、野良にはやさしい仕様と見ることもできますね(笑)



しかしながらBF3はBO2ほどのクソレイプは無いにしても、ベースキャンプに押し込められてチケットがなくなるまでボコボコにされるということは普通に起こりますし、そうでなくてもかなり一方的にやられ続ける試合はCODに比べて圧倒的に多かったんですね~。

さらにBFはチーム戦であり、自分一人の力で状況を打開するのは容易ではないことはみなさんご存知の通りであります。
当然、全然ダメダメな味方がいたりすると、途端にイライラしてしまってました。

正直当時FPSを始めたばかりの小生にこれはとても辛かった…。
いまでこそ、BO2でもクソレイプを経験し、ある程度耐性はついてますが、やはり当時の私には一方的すぎる試合というのはかなりストレスだったんですね。


それでまぁ、特に考えながらやっている訳でもないのでそれほど上達もせず、FPSにも飽きが来ていたので、とっとと売ってしまったというわけです。



そんな中もう一度BF3を買いなおしてまでやろうと思えたのは、もちろん前回記事のリアルフレンドの方がやろうぜ!って言ってくれたというのも大きいのですが、ある実況主の方が、試合でメチャクチャ負けてても自分だけでもいい成績を残せるように作戦を考え、いろいろと余計なことを話しながらプレイする姿がとても楽しそうで、自分もこういうふうにやればすごい楽しめるかも!と感じたからでした!



その方の名前を出す等、宣伝したりはしませんが(笑)、もともとかなり上手なプレイヤーなのは間違いないと思います!
たまに動画を面白くするためなのか、味方にちょっとした嫌がらせしたり、ものすごい姑息なプレイをしたりしてることもあるのですが、とにかく楽しそうだったんですね。



その動画を見て、そういう楽しみ方もあるんだなと思いまして、私ももう一度やってみようとなったわけであります。


当時、とはいっても約半年以上前なんですが、その頃のFPS対戦動画というのは、いやもしかしたら今もそれが主流かも知れませんが(笑)、上手いプレイ、上手くいったプレイのみアップしている動画がほぼ大半を占めていたんですね。
そういう動画は色々と参考になるので私は好きですが、先程の方のように、ぼろ負けの試合も上げてくれている人というのは私の中ではとても斬新だったんですね!


どんなにうまい人でもぼろ負けすることはある!でもその中でもいい成績、もしくは逆転勝利をめざして、それを楽しんでる!という姿は単純に感銘をうけました!


結局、ゲームは趣味の範囲内でやってるだけなのだから、楽しんでやることが一番!!

FPSは対戦ゲームなので負けるとくやしいし、イライラしてしまうのは仕方ないのですが、そういうことさえもひっくるめて勝ちを目指していくことの楽しさをその実況動画で教えていただいたわけなんですね!



ただ勘違いしてはいけないのは、自分の好き勝手にプレイして楽しむというのとは全く違うということです。


そこんところを勘違いされているお子ちゃまたちが多いようですが、オンラインをやっている以上、自分さえ楽しければいいという考えは通用しません!


FPSは対戦ゲームであり、勝利を目指すゲームです。
明確な目的がある以上、それを目指して楽しむものだと思います。
お金を出して買ったんだからなにしてもいいというのはオフラインのゲームだけで言えることです。

それが理解できないような人間なのであれば、FPSはもとよりオンラインゲーム自体やってはいけないと思いますね。





……やっぱり行き当たりばったりで書いてると何が言いたいか分からんくなるな(笑)

結局言いたかったことは、なにごともルールの範囲で楽しんでやることが大事だよ!ということです。


人生もそう、それが大事!


それでは今日はこの辺で終わっときます。



おわり
-- 続きを読む --

category: 未分類

tb: --   cm: 0

こ、こんなことが、あるのか…。  

週末に記事を書いていたら結局ゲームをやる時間が無くなってしまった!!


なのでこないだ久々にBF4やっていたわけなのですが…。


なんと6戦全敗!!!

しかもすべて大差で負けるというね…。


先々週末は10戦全勝だったってものあるし、最近ブログで文字に起こして頭の中を整理できていただけにこの体たらく、とてもショックが大きいでござる


っというかストレスがたまりまくりですわ!!!


負けるのは仕方ないんだけど、試合内容が悪すぎでした。


ほんとはLMGでの中距離戦について書こうと思ってたんだけど、長くなりそうだしあまりにも不甲斐ないため急遽こんな愚痴記事を書いておりまする(笑)




6戦の中で4戦はチケットがとても多いオペレーションロッカーのみの鯖で遊んでいました。
味方にも敵にも強い人が同じくらいいて、毎回チームシャッフルがちゃんと行われるので、いい勝負になって楽しめるかな~と思っていたのですが、
環境がアカンかった!!!
今回のサーバーは私のネット環境との相性が悪すぎるような気がしてならない…。
外国鯖だから仕方ないのかもしれないけど、とにかくラグいというか、明らかな遅延?だったり回線負けが頻発してました。

まぁすぐラグのせいとかにしているプレイヤーはまず間違いなく雑魚プレイヤーなのですが、私はその雑魚プレイヤーである自覚あります(笑)
しかしゴムバンド現象とか、カクカクとか、そういったラグではない、撃ち合いとか動いてる時とかに感じるちょっとしたラグってあるよね?
むしろゴムバンドとかよりこういうラグの方が気づきにくいので厄介な気がします。


この鯖で遊んでると、
まず弾が当たらない。
撃っても撃っても当たらない。
いや、ちょこちょこ当たるんだけど、キルするまで当て続けることができない!

おかげでほとんどキルアシストにしかならないんですね。

冷静に振り返ると、思いっきり移動撃ちしてたことにも原因があるんだけどね!
LMGはあれだけ移動撃ちはダメだと自分で言っておきながら、やってしまうんですね~。
移動撃ちしてしまうと、たくさん撃っているにもかかわらず近中距離~中遠距離でほんとに全く当たらなくなる!

しかしだね、回線が悪すぎるせいで止まって撃とうにもこっちがエイムをした瞬間にはもう瀕死なくらい撃ちこまれてるんですよ!
そんな状況じゃ少しでも敵のクソエイムを願って動きながら撃つしか勝ち目がないんだよね…。
アタッチメントをエルゴグリップに変えるべきやったかな~。


当然そんな状況じゃ出合い頭なんて一切勝てない。瀕死で突ってきた敵に数発ぶち込んでも死なずに逆にこっちがやられる意味不明さ…。

一番よく起こったデスシーンは、遮蔽物を挟んで敵がいて、こっちが身を出し始めた瞬間に死ぬってやつ。
こっちはまだ敵を視認さえ出来ていないのにいきなり死ぬんですね。
敵さんからしてみれば、なんか棒立ちのヤツがのこのこ出てきたけど撃ってこないな…みたいに見えてるのかね?
さっきの立ち撃ちもそうだけど、なんか棒立ちで全然撃ってこないやんアイツ!カカシかよ!とか思われてるんかな?


あと敵に撃たれてヤバいと思って壁に隠れたのに死ぬってのもめっちゃあったなー。
これは普通の鯖でも若干ラグがあるからよく起こるんだけど、壁の真ん中あたりまで避難してから死ぬのはさすがにひどすぎだよ…。


DICEさんはもうこれ以上ラグを改善できないんでしょうか?ってかBF3の時はそんなにラグいと感じたことなかったけどなぁ~。




まぁそんな鯖とっとと抜けろよ!と思われるかもしれませんが、やっぱり一回くらい勝ちたいじゃないですか(笑)
それにそんなラグい中でも勝てる動きというのをなんとか見つけられればとか考えてたんですけど、ダメでした…。
ちなみに試合終了のたびにキチンとチーム移動は起きてたので、ずっと無双状態の人がいるというわけではなかったにもかかわらずボクは全敗ですた…。なんでや!!

もしかしたら敵チームに毎回、スコアに現れない勝利の立役者がいたのかもしれない。
そういう人がいるとホントに気づいたら勝ってるからな~。



ただいくつか収穫はありました!
1)バイポLMGの援護能力の高さ!
 ロッカーの外側での戦いみたいな、例えばよくあるのが突撃兵たちが先陣を切って、その若干後ろに援護兵偵察兵が控えているという状態ですね。外側での撃ち合いでよくあるシーンです。
たいていの場合、C地点外側とB地点外側というような形でにらみ合いが続きます。

 その時に、押されている側(B地点側)だった場合、バイポッドを装備したLMGであえてA地点付近まで下がり、頭出しできるポジションでバイポッドを展開するというありきたりな戦法、これがかなり有効な戦法なんですね!
たぶんバイポLMG使いならば一度はやったことのある動きだとは思いますが、やはりこの一度狙撃地点まで下がってバイポで援護するという戦い方は相当使えるようです!
特に裏取りが難しく、みんな突りたい突りたいとなりやすいマップは有効ですね!


 私はラグで若干不利なだけでなく、敵さんには70キルオーバーの猛者がいましたが、そういう人でも裏取りが出来ない以上、これに対処することができず、味方の活躍もあり、3回ほど外の敵を全滅させ、敵陣地側の拠点へ攻め入る事ができました。
 この時のポイントは、なるべく敵の偵察兵、援護兵を狙い、リスポンポイントの役割をしている兵士をつぶすことを最優先にすることです。
そうなると、敵としてはバイポを展開している私に意識を向けるしかありません。これは偵察兵援護兵だけでなく、突撃組も同じです。これにより前線での戦いに彼らは集中できなくなります。
そのあいだに、味方の突撃組に制圧をしてもらうという寸法ですね(笑)

そんなありきたりな戦法ドヤ顔で語ってんじゃねー!!っと言われてしまいそうですが、実はこの役割をやるプレイヤーというのは意外と少ないんですね。
味方にも毎回60キル超えの猛者はいましたし、その中でLMG使いもいましたが、この戦法を使っていたのは私だけでした。
この役割の人が数人いると意味ないですけどね!
そういう場合は狙撃をその味方に任せ、違う地点から迫撃砲やエアバーストなどを使ってさらに援護すると、敵としては相当キツイ戦いになるでしょう(笑)
この戦法の有効性を再認識できただけでも収穫といっていいのではないかなと思います(笑)



そしてもう一つの収穫
2)膠着した前線の突破タイミングを逃してはならないということ。
 これは今回の味方に対する苦言っぽくなってしまいますが(笑)

 膠着状態の時、明らかに敵の弾幕やグレネードの数が薄くなることがあるんですね。理由はいろいろあると思いますが、きっとなにかしら味方の攻撃が上手いこと当たって多くの敵がデスしたのでしょう。
もしくは味方が裏取りに成功したなどで、敵の戦力が減ったということも考えられます。
逆に、敵数名が裏取りに向かい、戦力が減ったということもよくある話ですね。

 こういった状況の時でさえもデスを恐れてずっと有利ポジションや遮蔽物に隠れ、いつまでも攻めて行かない味方が多いと結局敵に蘇生、リスポーンされ、逆に攻め込まれて前線を押し切られてしまうんですね。
デスした敵はキルカメラでこちらのチームの位置を大体把握していますし。
 
 やはりチームの勝利のためには、デスを恐れず突撃することも大事なんですね。
 そしてそこもやはりBFらしく、突撃する人数が少ないといくら敵が若干崩れかけてるとはいえ、負けてしまうんですね。
今回はまさにそれで、優秀な味方が3人ほど、敵の戦力が減ったことを察知して突撃したのですが、数の暴力には勝てず返り討ちでした(笑)
その時ほかの味方は壁の後ろに隠れ、全く攻める気配がなかったんですね。
ほどなくして、敵の前線が復活し、こちらの前線は崩壊し、拠点を取られてしまいましたとさ。


BFはこういった戦略ゲームみたいな側面もあり、面白いですね~!
しかし、野良でやっているとこういった時に無言の連携が求められるため、なかなかキツイこともよくありますがね!!


ボロ負け試合からもいろいろ学ぶもの、再確認できることがあるということがわかっただけでも今回は良しとしましょう(笑)


おわり




しかしかなり前向きにとらえましたが、久々にストレスのたまった試合だったなぁ…。
特に最後に遊んだメトロ、さすがにひど過ぎる味方が数名いて、チームバランスの悪さを恨みました(笑)
カスピアンボーダー途中参加した時点で、一位の人が20キル21デスとかだった時に気付くべきだったんだよ!敵にクランが2チームくらいいたし!

せっかくの64人メトロ地上側というボーナスゲームだったのに、敵の突破口の通路をかなりの人数で見ていたにも関わらず、外に抜けようとしている敵をその全員がスルーして追わないというね…。
ハンドガンを数発撃って、仕留めきれなかったのに追わないのかよ!追えよ!!ってかなぜそんな重要な状況であからさまにメイン武器を封印してハンドガンしか使わない工兵がおるんや…。

 小生はデス中だったので、リスポンしてすぐ追いかけましたが、結局A地点は取られなかったもののB地点が崩壊し、後はお察し通り、メトロ内に入ることが出来なくなり負けました。

さすがにこれには萎えてBFを終了しました…。

BFというゲームは勝利のための戦略が戦局を左右するので、スコアに出ない活躍などもたくさんあると思います。
そのため敵にうまい人が多いより、味方に分かってない人が多い時の方が辛いです。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

LMG弾幕カウント

▲ Pagetop